虚虚実実――ウルトラバイバル

森下礼:環境問題研究家、詩人、エッセイスト:色々な事物を取り上げます。

長沢芦雪〜〜三大「奇想の画家」

 長沢芦雪長澤蘆雪:ながさわろせつ)は、1754−1799年、江戸中期の画家です。自由奔放な彼の筆致は、

伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう)  http://d.hatena.ne.jp/iirei/20110505
     伊藤若冲・・・万物斉同の視点

曾我蕭白(そが・しょうはく)  http://d.hatena.ne.jp/iirei/20120628
     曾我蕭白ピカソ〜美しくないアート

と並び、江戸期の「三大奇想画家」と呼ばれます。(辻惟雄さんの評)

彼は、当時画名の高かった円山応挙に入門し、最初は師の絵画を模写していましたが、その内に独自の画風を確立します。ただ、


応挙の画法にこだわらず、芦雪独特の個性の強い画風を生み、そのため破門されたとも、また豪放磊落(ごうほうらいらく)な性格のため破門されたともいわれる。

作品は屏風絵や襖絵のような大画面に縦横に才筆をふるい、奇抜な発想と大胆な画面の構成で傑作が多い。

  コンサイス日本人名事典(三省堂)より


それでは、実際の彼の絵画を見ていきましょう。ソースは「別冊太陽 長沢芦雪」(2011年・平凡社:監修:狩野博幸)三枚。


@蛸図(たこず)  水墨画で、一気呵成に描きあげた作品。でも一見ダルマにも見える蛸を描く筆致の的確さはどうでしょう。解説する狩野氏は、この絵が上手すぎることにむしろ危機感を覚えています。

@富士越鶴図(ふじえっかくず)  これほど、富士山をとんがった山に描いた絵画は、他に知りません。どうやら、中国の伝説にある「蓬莱山:ほうらいざん」を意図したようです。

@蹲る虎図(うずくまるとらず)  師匠の円山応挙も虎の絵を得意としていましたが、芦雪もそれを受け継ぎ、虎の絵をいろいろ描いています。この絵の虎はユーモラスですが、毛筆の筆法は達者です。


今日のひと言:水墨画というジャンルは、筆法をマスターした画家なら、たいてい傑作が残せる気がします。今回取り上げた「蛸図」のように。それにしても、狩野博幸さんは江戸期の絵画に詳しいですね。

長沢芦雪 (別冊太陽 日本のこころ)

長沢芦雪 (別冊太陽 日本のこころ)

別冊太陽150 江戸絵画入門 (別冊太陽 日本のこころ 150)

別冊太陽150 江戸絵画入門 (別冊太陽 日本のこころ 150)

今日の一句

土建屋
ゆるキャラブーム
便乗し


側溝工事中の「占有空間」を示すために、パイプを立て掛ける台が、可愛いウサギちゃんになっていました。

 (2013.02.26)