虚虚実実――ウルトラバイバル

森下礼:環境問題研究家、詩人、エッセイスト。森羅万象、色々な事物を取り上げます。元元は災害に関するブログで、たとえば恋愛なども、広く言えば各人の存続問題であるという点から、災害の一種とも言える、と拡大解釈をする、と言った具合です。

園芸療法とその展望:私の友人が期せずしてお世話になったこと。

園芸療法とその展望:私の友人が期せずしてお世話になったこと。


「園芸療法」という言葉をご存じでしょうか。「療法」というからには、医療効果のあるメソッドのように思えますが、実際そうなのです。この療法が確立されたアメリカでは、「園芸療法士」という医療資格もあります。


私の友人は、ある時不運にも人生に躓いて、精神病院のお世話になってしまいました。そのとき、病棟の主任の人が、彼に中庭の管理を任せてくれて、主にハーブを栽培する自由を与えられました。彼は、その園芸作業をする過程で、精神の自由が保障され、退院も比較的早まったと言っていました。


園芸療法(えんげいりょうほう、Horticultural Therapy)とは、心や体を病んだ人たちのリハビリテーションとして園芸活動をセラピーの手段として利用するもの。第二次世界大戦の後、1950年代からアメリカ合衆国や北欧から始まった。アメリカでは主として、戦争からの帰還兵の心の癒しの手段として発展してきたが、北欧では平行して、障害者の社会参加、社会復帰の考え方を主導するノーマライゼーションの一環として、これは当初考えられた。


その他、障害者や精神障害者、また社会的に心の傷を抱えた人たち、たとえば、家庭内暴力やレイプの被害者女性、引きこもり、囚人など、さまざまな人たちが対象として考えられ、それぞれの分野で着実に実績を上げつつある。ただし、これらはあくまで療法の一環であり、健康な人たちが、庭つくりを楽しみ、それを慰めとするというのとは一線を画して考えられなくてはならないものである。


・・・これが「園芸療法」の概要です。(wiki)


f:id:iirei:20211125051910j:plain


虹の庭(こんな庭があったら良いな。)



f:id:iirei:20211125051938j:plain

園芸療法 21世紀を健康に生きる

私はこの療法に興味が湧き、一冊『園芸療法 21世紀を健康に生きる』(武川満夫、武川政江:源草社)という本を入手しました。ところがこの本、前半が園芸療法の法的、制度的局面が、後半では作業の「詳細すぎる」手続きが書かれていて、何といえば良いのでしょうか、この2つの局面の間、中間がないように思われました。私はこの本を閉じ、ほかの本はないのか、と図書館での蔵書を調べてみましたが、この本以外なく、案外難しい検索になってしまいました。残念ながらこの本を用いて、園芸療法に踏み込むことは出来ないように思います。そこで再び「園芸療法」(wiki)に戻って参考文献を挙げておきます。



@『園芸療法のすすめ』(吉長元孝・塩谷哲夫・近藤竜良共編、創森社、1998年)



@『園芸療法の資格と仕事の本―園芸療法テキスト 基礎編』(日本園芸療法普及協会監修、草土出版、2004年)




@『園芸療法 新装版』(グロッセ世津子著、日本地域社会研究所、2008年)




@『園芸療法とリハビリテーション』(原和子編著、エルゴ、2011年)




@『心を癒す園芸療法』(日本園芸療法士協会編、コロナ社、2004年)





今日のひと言:件の友人、今は病気は寛解し、普通に働いています。彼は、これも「園芸療法」という「土遊び」を許可してくれた主任のおかげだと感謝しているそうです。この土遊び、原初の自我と、土遊びをやっている本人とをめぐり合わせてくれる可能性があり、もっと広めてよい療法(テラピー)だと思うのです。







バンクシー小劇場


♪「マリーゴールド」(あいみょん):この曲で歌われる「くも」、「雲」ではなく「蜘蛛」(節足動物)でも、だいたい意味は通じる。糸を吹きかけぎゅっと抱きしめるから。あいみょん、ゴメンね。

https://youtu.be/0xSiBpUdW4E

 (2021.11.18)






今日の2句


この冬も
再会できた
トウダイグサ


f:id:iirei:20211125052600j:plain


 (2021.11.19)



細く伸び
凛と立つなり
木賊(トクサ)かな


f:id:iirei:20211125052637j:plain


 シダ植物。もっとも目の細かいヤスリとして知られる。砥石(トイシ)草。

 (2021.11.19)






今日の写真集



f:id:iirei:20211125052732j:plain

謎の植物:植え込みで。(2021.11.16)



f:id:iirei:20211125052807j:plain

干上がった用水路に青菜の姿。 (2021.11.19)



f:id:iirei:20211125052841j:plain

ヤーコン(キク科)の大株。根は淡泊な梨と言った感じで、野菜。

   (2021.11.19)




f:id:iirei:20211125052919j:plain
 
チェリーセージアメリカセンダングサ  美女と野獣 

   (2021.11.21)







☆☆過去ログから厳選し、英語版のブログをやっています。☆☆


“Diamond cut Diamond--Ultra-Vival”


 https://iirei.hatenadiary.com/



ダイアモンドのほうは、週一回、水曜日か木曜日に更新します。
英語版ブログには、末尾に日本語ブログ文も付記します。記事は
虚虚実実――ウルトラバイバルとはダブりませんので、こぞって
お越しを。

群馬県太田市はメソポタミアだ:ある種の地政学?

群馬県太田市メソポタミアだ:ある種の地政学


メソポタミアギリシャ語: Μεσοποταμία、ラテン文字転写: Mesopotamia、ギリシャ語で「複数の河の間」)は、チグリス川とユーフラテス川の間の沖積平野である。現在のイラクの一部にあたる。

wikipedia



メソポタミア【Mesopotamia】

ギリシア語で「川の間の地」の意)西アジア、チグリス・ユーフラテス両河の間、アルメニア高原からペルシア湾にわたる地域。エジプト文明とならぶアッシリア文明およびバビロニア文明の発祥地。

広辞苑第六版より引用


これらの説明は中学校でも学ぶ基本的な地理・歴史用語です。さて、メソポタミアという概念は、なにも古代バビロニアに限ったことではないと思います。日本で、この定義を満たす地域は、たぶん複数あるでしょう。伊勢湾に注ぐ木曽川揖斐川長良川の三川は特に有名ですね。ここは、織田信長豊臣秀吉徳川家康など、いわゆる「三英傑」を生み出したことで有名です。



f:id:iirei:20211118050907j:plain


しかみ像(wiki):三方ヶ原の戦いで、武田信玄に惨敗し、脱糞しながら逃げ帰って、そのみっともない姿を記録させた徳川家康の肖像。(伝承に過ぎないとも言われます。)


さて、群馬県東部(東毛)の太田市周辺も、メソポタミアと呼べそうです。なぜなら、北から渡良瀬川、西から利根川が流れてきて、群馬・栃木・埼玉の3県が重なる地点で合流します。そして、太田市はこの2河川に囲まれています。肥沃な大地・・・だから「太・田」なのでしょう。もっとも、ここは、明治政府が足尾鉱毒事件をもみ消すために谷中村一村をつぶして「渡良瀬遊水地」を作った場所として永遠に記憶に留めるべき場所でもあります。下の2ブログは、足尾鉱毒事件に関連した記事です。


iirei.hatenablog.com


iirei.hatenablog.com


太田市は、昔から源氏のゆかりの地で、源義経新田義貞徳川家康などが関係しています。どの武将も、当時の政権を斃し、新たな政権を建てるのに功績がありました。(徳川家康だけ、最後まで生き残りました、義経も義貞も、非命に落命していますが)


https://iirei.hatenablog.com/entry/20100923

徳川家康の魅力・・・歴女に知って欲しいこと


太田市では、古代の古墳時代には、関西の古墳の規模に匹敵する古墳が作られていました。
また、第二次世界大戦のころには、海軍出身の中島知久平氏中島飛行機製作所(現在のスバル:自動車製造会社)を設立し、軍用機を作っていました。戦争における航空機の一義的な重要性を見こしてこのような軍需工場を作ったというのは、中島知久平という人が昔の武将たちに匹敵する知略を持っていたと結論つけるのに十分ですね。(これについては戦争というものへの価値判断は行いません。)彼の息子・孫は衆議院議員でしたが、孫の中島洋次郎は政治家としてやってはいけないことをやり尽くし、最後は自殺して、中島家の議員は絶えました。


では、なぜ太田市はこのように軍事上重要な人物を輩出してきたか?――それは、太田市メソポタミアという肥沃な沖積平野の上にある、特殊なロケーションを持っていたからだと思われるのです。なんらかの地政学的意味合いがあるのでしょう。



今日のひと言:私は以前、次のようなブログを書いていて、地形に目をやる習慣があるのだろうと思います。


iirei.hatenablog.com

:半島で囲まれた地域に英雄が生まれる

「ぶらタモリ」みたいですね。この番組、好きです。



このブログを始めたころ、地政学について触れたことがあります。

https://iirei.hatenablog.com/entry/20051207

  海洋と陸地――地政学への招待  その1








今日の8句


今年また
駆け抜けたるや
菊の花


f:id:iirei:20211118051441j:plain


 一年を締めくくる花ですよね。

 (2021.11,12)



ハクモクレン
落ち葉の様も
雄弁に


f:id:iirei:20211118051522j:plain


 (2021.11.13)



黄一輪
咲くとき違え
青菜かな


f:id:iirei:20211118051554j:plain


 (2021.11.13)



落葉し
骨格になる
イチョウかな


f:id:iirei:20211118051641j:plain


 (2021.11.13)



リトープス
可憐な黄花
開帳し


f:id:iirei:20211118051715j:plain


久しぶりに手に入れた多肉植物、「生きる宝石」とも言われます。

 (2021.11.13)



枝を打ち
殺すつもりか
老さくら


f:id:iirei:20211118051815j:plain


「桜切るバカ、梅切らぬバカ」という言い回しがあります。

 (2021.11.14)



兼好は
何というやら
柑子(こうじ)の実


f:id:iirei:20211118051859j:plain


徒然草』に、柑子(柑橘類)を取られぬため、囲いをした人の話が出て来ます。

 (2021.11.14)



毒草の
並んで睦む
冬の日か


f:id:iirei:20211118051950j:plain


オシロイバナとワルナスビ。

 (2021.11.14)






今日の写真集


f:id:iirei:20211118052024j:plain

f:id:iirei:20211118052056j:plain


花梨(カリン)でリキュールの仕込み 美味しい酒になります。  

(2021.11.13)



f:id:iirei:20211118052133j:plain

冬の色1:眠る田畑



f:id:iirei:20211118052206j:plain

冬の色2:タチアオイの霜



f:id:iirei:20211118052240j:plain

冬の色3:枯れたニラの花穂






☆☆過去ログから厳選し、英語版のブログをやっています。☆☆


“Diamond cut Diamond--Ultra-Vival”

 https://iirei.hatenadiary.com/


ダイアモンドのほうは、週一回、水曜日か木曜日に更新します。
英語版ブログには、末尾に日本語ブログ文も付記します。記事は
虚虚実実――ウルトラバイバルとはダブりませんので、こぞって
お越しを。