虚虚実実――ウルトラバイバル

森下礼:環境問題研究家、詩人、エッセイスト:色々な事物を取り上げます。

「心なき身」の色気:西行法師の『山家集』

「心なき身」の色気:西行法師の『山家集

@心なき  身にもあはれは  知られけり
    鴫(しぎ)立つ沢の  秋の夕暮れ


この歌は西行(1118-1190)の代表作の一つである歌で、新古今和歌集に収録されています(秋)。そして表題の『山家集』は主に西行の歌を収録した私歌集です。


山家集』(さんかしゅう)は、平安末期の歌僧西行法師の歌集。成立年は不詳、治承・寿永の乱源平合戦)の最中か直後だと思われる。俊成・良経・慈円・定家・家隆ら5人の家集とともに六家集の一に数えられ、『山家和歌集』、『西行法師歌集』の別名がある。西行生前の撰を後人が増補したと見られ、西行の自撰なる『山家心中集』や、『西行上人集』との関連が注目される。自然と人生を詠い無常の世をいかに生きるかを問いかけている。


構成
上巻には四季の歌を、中巻は恋と雑、下巻には恋百十首・雪月花などの十題百首や、離別・羇旅・哀傷・釈教・神祇などの雑の歌を収める。歌数は約1560首だが、増補本ではそのほかに300首余を持つ。諸国を漂泊した隠遁者なる西行らしく、抒情性の高い花鳥風月の歌や、闊達な人生観に基づく述懐が多い。恋歌にも秀作はあるものの、題詠で作歌背景の判然とせぬものがほとんどである。

Wiki山家集について)


@なげけとて  月やは物を  思はする
    かこち顔なる  わが涙かな


この歌は百人一首86首目の採録歌です。(千載集にもみえる:恋)

こんなのもあります。


@つらくとも  逢はずばなにの  習(ならい)にか
   身の程しらず  人を恨みん


恋の歌。もうひとつ


@五月雨(さみだれ)に  干すひまなくて  もしほ草
   煙もたてぬ  浦のあま人


これは夏の歌。塩を作るために海藻にたっぷり海水を含ませ、乾燥・焼きを行う海辺の人が雨続きで困っている様子を歌ったものです。(西行は「雨」についても詠むことが多いようです。)なお、「願わくば 花のしたにて 春死なむ その如月の 望月のころ」と詠んだ西行、願いは叶ったのですね。彼は72年の生涯を享受し、希望通りにこの世を辞したのです。



今日のひと言:西行は恋、および自然の風景、人の営みに一角ならぬ関心を持ち続けた出家僧だったと思います。ただ、西行の場合、「美」の狩人でありすぎ、魔境に迷う一人の旅人であったという感を持ちます。これは、宗教家というより芸術家と呼ぶことが妥当であると思えます。永遠の彷徨は終わらず・・・このような境地は、自由律俳句の種田山頭火にも見て取れます。


参考過去ログ http://d.hatena.ne.jp/iirei/20090804#1249366858

  :放浪の俳人種田山頭火


なお、今回は参考文献として『日本古典文学大系29 山家集 金槐和歌集岩波書店』を参照しました。



山家集 (角川ソフィア文庫)

山家集 (角川ソフィア文庫)

西行の風景 (NHKブックス)

西行の風景 (NHKブックス)

山頭火句集 (ちくま文庫)

山頭火句集 (ちくま文庫)




今日の一品


@レンコンの挟み焼き


f:id:iirei:20181114004426j:plain


弟作。小エビ、小麦粉、擂りレンコン、香辛料を混ぜあわせ、5㎜位に輪切りにしたレンコンで挟み、オリーブオイルで炒め、仕上げに塩少々。レンコンを2通りに使いました。

 (2018.11.09)



@キクラゲの和え物


f:id:iirei:20181114004504j:plain


戻した乾燥キクラゲ(木耳)を茹でて冷やし、ポン酢、ゴマ油、ネギ、ユズで和えました。海藻のような風味。

 (2018.11.10)



@赤貝(サルボウガイ)とキャベツのスープ


f:id:iirei:20181114004547j:plain


サルボウガイは赤貝と近縁な貝。今回は赤貝(実はサルボウガイ)の缶詰をタレもそのまま、茎を薄く輪切りにしたものとキャベツの葉ともども煮込みました。クコの実も加え、ローレル、オレガノで香りの調整。赤穂の甘塩で味付け。出来はまあまあかな。

 (2018.11.12)



@金目鯛の頭の醤油味スープ


f:id:iirei:20181114004731j:plain


鯛で美味しいスープが出来るなら、と金目鯛の干物の頭で、スープにしました。干しシイタケ一個と頭をことこと煮て、臭い消しのため、ショウガを加え、醤油を投入。椀ではネギとユズの刻みものを足しました。鯛のスープ並みでした。

 (2018.11.13)





今日の二句


冬来たり
スポーツ刈りの
河原かな


f:id:iirei:20181114004814j:plain


ほとんど河原・丸裸。

 (2018.11.10)




菊花たち
寄り添い咲くや
集団美


f:id:iirei:20181114004851j:plain


 (2018.11.10)

「r>g」:ピケティの式の意味と意義~現代の『資本論』

「r>g」:ピケティの式の意味と意義~現代の『資本論

フランスの経済学者:トマ・ピケティの『21世紀の資本』は2013年に出版され、フランス語の原典で900P超、日本語版でも700P超の大部な本ですが、世界で50万部売れ、ベストセラーになりました。


ピケティは、近・現代の世界の経済のみならず、古代の経済なども視野にいれて、精力的にデータベースを構築し、その上で有名になった「r>g」という式を導いています。


この「r>g」、「r」は「資本収益率」、「g」はGDP成長率のことであり、ほおっておけば、資本家が享受する経済的利益は労働者が享受する経済的利益を上回るであろう、という意味のことが述べられています。富の資本家階級での蓄積・・・この偏りを修正するため、資本家への累進課税相続税)を強化し、富の偏りを均す必要があるとピケティは主張します。


なお、「r>g」は、数学的に緻密な証明によって支持されるのではなく、歴史的推移(事実)として導かれた式なのだそうです。(『図解ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!:高橋洋一あさ出版』134P)


ピケティの論の鋭い点として、ノーベル経済学賞受賞者のサイモン・クズネッツの「資本主義の初期段階では所得格差が拡大するが、やがて経済成長によって所得格差は縮小していく」(前掲書145P)という論理を覆したということがあります。事実としては格差が固定・拡大されてしまうのですね。


ここで私はマルクスの「剰余価値」といった概念を連想します。経済的利益の、資本家と労働者の間での再配分をめぐる論議。以下、「剰余価値」(wiki


マルクス経済学は労働価値説に立脚する。産業資本において資本が労働力を用いて商品を生産する過程(生産過程)での労働量は、労働者の生活に必要とする労働(必要労働)と、それを超える剰余労働(不払労働)から構成され、この剰余労働によって生み出された価値が剰余価値である(『資本論』第1部参照)。利潤は剰余価値のあらわれであり、利子、地代は剰余価値が形を変えたものである(『資本論』第3部参照)。


剰余価値は商品交換(流通過程)によっては生まれない。なぜなら、流通過程においてどんなに不等価交換が生じたとしても、社会全体の価値総額は常に等価であるからである。それゆえ、利潤が商品売買の差益から生まれるという議論は誤りである。


それでは剰余価値はいかにして生まれるのか。労働力はその使用価値そのものが価値を生み出す独特な性質を持つ一商品であり、労働者の肉体に存在している。労働力商品の価値額はその再生産に必要な労働時間によって規定される。ところが資本の生産過程において現実に支出された労働量、したがってそれが商品に対象化されたものとしての価値量は、労働力商品の価値量を超過する。この超過分が剰余価値である。



今日のひと言:マルクスとピケティの発想は似ていると思います。アダム・スミス新自由主義の経済学が似ているように。ただピケティはマルクスは読んでいないらしいです。今回は「21世紀の資本」は読むのを敬遠しましたが(なぜなら余りにも大部な著作なので)、超簡単な入門書としてこの度の本を読んだわけです。ただ、著者の高橋洋一さんは、その経歴から、日本の新自由主義の本流にいる人みたいでした。加藤寛竹中平蔵などの愛弟子といった感じ。


参考過去ログ 
 
d.hatena.ne.jp



21世紀の資本

21世紀の資本

マルクス自身の手による資本論入門

マルクス自身の手による資本論入門

国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究(上)

国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究(上)



今日の一品



@茎レタス


f:id:iirei:20181108000959j:plain


台湾産の缶詰。日本人には「ステム・レタス」とか「ヤマクラゲ菜」として記憶している人もいると思われます。齧ったときの歯当たりがシコシコしていて、キュウリの代用品にもなりそうです。

輸入元:三洋通商株式会社(茨城県神栖市太田字宝山3474番地28)

 (2018.10.31)



@ハンペンのコンソメ


f:id:iirei:20181108001048j:plain


以前も作ったハンペン煮に少々手を加えました。コンソメを200ccの水で加熱し、塩、ミリン、ラー油を加えたところにちぎったハンペンを入れて煮、最後にユズの皮少々加え、一煮立ちさせて火から降ろします。

 (2018.11.01)



@レバー・ニラ・エノキダケの炒め物


f:id:iirei:20181108001114j:plain


レバーもエノキダケもニラも鉄分をよく含み、貧血に悩む女性にはウレシイ料理でしょう。ニラにはさらに、ビタミン、ミネラルも期待できます。

(2018.11.02)



@キクイモのケチャップスープ


f:id:iirei:20181108001140j:plain


キクイモを一度茹でこぼし(アク抜き)、戻した干しシイタケとオリーブオイルで炒め、水を張ってエノキダケを加えてゆでます。塩を一つまみ、ケチャップを入れてひと煮立ち。好みでハーブやスパイスを入れます。(今回入れ忘れました。オレガノとかバジルなどが良さそう。)キクイモは柔らかく仕上がりました。このキク科の植物はイヌリンという糖尿病に効果がある成分を含みます。タンポポにもイヌリンが含まれています。(タンポポもキク科の植物です。)

 (2018.11.05)






今日の四句



二種の草
春の覇権を
競わんや


f:id:iirei:20181108001238j:plain


苗の状態で向き合う「ホトケノザ」と「オオイヌノフグリ」、春先の美の幾分かを占めます。

 (2018.10.28)




西日浴び
草が作るや
波表


f:id:iirei:20181108001313j:plain


上に書いた草2種が作る大自然

 (2018.11.03)




水落ちた
水路で気張る
タネツケバナ

f:id:iirei:20181108001351j:plain


小振りの草で、食用になります。アブラナ科

 (2018.11.04)




素早くも
軒に吊らさる
干し柿


f:id:iirei:20181108001426j:plain

 
 (2018.11.04)

精力絶倫になるか?イカリソウ酒(碇草酒)

精力絶倫になるか?イカリソウ酒(碇草酒)

メギ科のこの植物は、オスの山羊が貪り食い、メスとのセックスに励むので、「淫羊霍:いんようかく」(淫らな山羊が食べる豆に似た草)とも呼ばれ、茎と葉のつき方から「三枝九葉草」、花の形から「“碇”草」とも呼ばれる異名の多い多年草です。


f:id:iirei:20181103011121j:plain

 (wiki

古来から精力増進のお薬として知られ、バイアグラのような効果を求めて飲む人が多かったのですね。


私は以前(20年ほど前)、漢方薬局からこの草の乾燥葉を買い、ホワイト・リカー(35%)に漬けていましたが、最近飲んでみると、色が通常の単味の薬用酒より黒っぽく、「ああ、ここにも素晴らしい酒がある」と納得しました。重厚な風味と効能、お酒の一つの頂点を極めた逸品です。


f:id:iirei:20181103011238j:plain


素材の良さに加え、漬けた直後では持ちえない歳月による熟成が功ありです。


イカリソウの薬効についてwikiより


生薬


全草は淫羊霍(いんようかく、正確には淫羊藿)という生薬で精力剤として有名である。本来の淫羊霍は中国原産の同属のホザキノイカリソウ E. sagittatum (Sieb. et Zucc.) Maxim.(常緑で花は淡黄色)で、名はヒツジがこれを食べて精力絶倫になったという伝説による。ホザキノイカリソウの淫羊霍に対して、イカリソウの方を和淫羊霍とすることもある。


同属は25種ほどがアジアから南ヨーロッパにかけて分布する。英語名はbarrenwort、bishop's hat、fairy wings、horny goatweedなど。



イカリソウの有効成分としてはイカリインというフラボノイド配糖体が知られ、これには実際に次のような効果が示されている。

• 一酸化窒素 (NO) レベルの上昇。
ホスホジエステラーゼ (PDE)-5に対する弱い阻害作用。
これらにより平滑筋が弛緩し陰茎などの血流が増えると考えられる。PDE-5の阻害は(かなり弱いが)バイアグラと共通の作用である。
またこのほかにもいくつかの薬理作用が研究されている。



今日のひと言:イカリソウの栽培、私もしたことがありますが、他の植物の陰になって枯らしてしまいました。

さらば、はてなダイアリー(詩:挽歌)

本格派のブログを目指したのが「はてなダイアリー」、
大衆的なブログを目指したのが「アメバブログ」だったろう。
私は両方並行して書いていたことがある。


はてなダイアリーで13年、アメバブログでは2年半。
アメバブログの場合、「特に書きたいテーマ」を
書き尽くしたところで更新を止めた。


アメバの個人アバターである「ピグ」には私は拒絶反応がある。
子供じみた絵柄であるから。といって、「アメバ」と「はてな」の
ユーザー数は多分現在10倍以上の開きがあるだろう。


テレビで取り沙汰される有名人が「書いているブログは何か?」
と見ると、故・小林麻央とその夫:海老蔵福原愛などなど、
石を投げれば有名人ユーザーにぶつかる。一般人も盛況だろう。


一方はてな・ユーザーには有名人がほとんどいない。
この違いは大きい。はてなダイアリーは、研究者には
響くものがあるだろうが、一般大衆にはなんの価値もあるまい。


さらに言えば、「ダイアリー」を13年間使った目から見ると、
「ダイアリー」に比べ「ブログ」が特に優れているとも思えない。
むしろ、ページビューとかカウンターを廃止し、


ユーザー自身によるアクセス解析を出来なくさせるのは、
「ブログ」の魅力を半減させる。(その他もろもろ。)
「ブログ」は、遅まきながら「アメバ」を模倣するのか?



 (2018.10.28)


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


なーーんて言いつつ、私も「はてなブログ」に乗り換えます。現在の「はてなダイアリー」のURLは


http://d.hatena.ne.jp/iirei/


ですが「はてなブログ」のURLは


https://iirei.hatenablog.com



です。すでに開設していて、数話エントリーしていますが、インポート後、11月08日前後には、正式に旧「ダイアリー」から繋がる記事をアップする予定です。是非いらして下さい。

「この世界の片隅に」:戦争が人を成長させる??

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック



劇場公開から1年経って、やっとレンタルDVDを借りて視聴してみたアニメ映画「この世界の片隅に」。同時期に公開され大ヒットとなった「君の名は。」は全く観る積もりはありませんが、中ヒットだった「この・・・」は貸しDVDで観る積もりでいましたので、その宿望が叶った形です。あらすじはwikipediaから。(抜粋)


(前略)

太平洋戦争中の1943年(昭和18年)12月、18歳の浦野すずが草津の祖母の家で海苔すきの手伝いをしていると、突然縁談の知らせがくる。急ぎ帰宅したすずが覗き見たのは、呉から来た北條周作という青年だった。翌年2月、呉の北條家でささやかな結婚式が挙げられ、すずの新しい生活がはじまる。すずは周作とどこかで会った気がするが思い出せない。傍目には不器用で、いつもぼんやりしていて危なっかしく見えるすずは、北條家で失敗を繰り広げては、小姑の黒村径子に小言を言われる毎日を過ごすが、径子の娘である姪の黒村晴美には懐かれる。戦時下で物資が不足し、配給も乏しくなる一方、すずは持ち前のユーモアと生活の知恵で、食料に乏しい日々を乗り切り、次第に北條家やその近所の人々に受け入れられていく。


(中略)

やがて日本の戦況が劣勢になり、軍港の街である呉は1945年(昭和20年)3月19日を境に、頻繁に空襲を受けるようになる。それでも戦時下の日常を明るく過ごそうとするすずだったが、同年6月22日の空襲で、通常爆弾に混ぜて投下されていた時限爆弾(地雷弾)の爆発により、目の前で晴美を亡くし、自らも負傷により右手を失ってしまう。意識が戻ったすずは、晴美を守れなかったことを径子に責められる。絵を描くための右手を失ったすずが認識する世界は、左手で描いた漫画のように歪んで見えるようになり、同時にすずは、人の死が日常となったこの世界に順応しつつある自分こそが歪んでいるのだという思いを抱く。


同年7月1日の空襲では呉市街地が焼け野原となり、郊外にある北條家にも焼夷弾が落下する。見舞いにきた妹のすみは、江波のお祭りの日に広島の実家に帰ってくるように誘う。周作との間柄も、リンに対する嫉妬でぎくしゃくしており、すずは北條家での居場所を失いつつあった。一度は広島に戻ることを決断するすずであったが、帰りの汽車に乗る予定であった当日の8月6日の朝、すずは径子と和解して翻意し、北條家に残ることを決意する。


結果としてすずは、その日に広島市へと投下された原子爆弾による被爆を免れるが、爆心地から約20キロメートル離れた北條家でも閃光と衝撃波が響き、故郷の広島方面から立ち上る巨大な雲を目撃する。8月15日、ラジオで終戦詔勅を聞いたすずは、一億玉砕の覚悟とは何だったのかと激昂して家を飛び出す。それまで正義の戦争と信じていたものの正体が、ただの暴力に過ぎなかったことに思い至ったすずは、「何も知らないまま死にたかった」と独白し泣き崩れる。

(後略)

主人公の声を担当したのは「のん」。聞きなれない名前ですが、NHK朝ドラ「あまちゃん」のヒロイン:能年玲奈(のうねんれな)が芸名を変えたというわけです。なにやら所属芸能事務所と揉めて、干されていた彼女が復活したのがこのアニメ映画なのでした。


この映画で、私が興味を持ったのは、すずの精神的変容です。ボーとしていて、どこか間の抜けたすずは、多分少女時代からそんな風だったのかも知れません。絵を描くのが得意だった彼女が無心に軍艦の絵を描いていたら、憲兵に「スパイ扱い」され、絵を没収されます。いくら鈍い彼女でも「これはこれまでの平和なころとは違い、戦時色に世界が変わっている」と認識するしかありませんでした。そして「女性として・生活をすることが、私の戦い」であると思い至るのですね。


ですが、空襲で可愛がっていた姪の晴美を殺され、すず本人も右手首を失うのです。絵が描けなくなるかも知れず、失意の状態になるのです。そして彼女も協力していた戦争が極めて理不尽であることが解った時、彼女は号泣するのですね。


ところで以前、稲田朋美:元防衛大臣が「戦争は人の魂を浄化する」と言っていたようですが、これは相当にきな臭く、危険な主張だと思います。幾分か、ナチズムの臭いがします。それに照らし合わせると、すずは理不尽な世界に囲まれ、その中で、精神的に成長しているのだと思います。結果として浄化があったにせよ、それは他人、特に政治家には云々する資格はないだろうと。



今日のひと言:この映画の題名「この世界の片隅に」は、映画の最後にすずが夫といる時に発せられた言葉です(「・・・私を見つけてくれて、ありがとう。」と)。なお、このアニメ作品は、wikiの編集者たちに気にいられているようで、一度閲覧したあと、もう一度閲覧してみると、解説の分量が大きくなっていました。私は後者から、長めになったあらすじを引用(これでも一部抜粋)しました。地味なアニメとは言え、見る人は観ているのだな、と思いました。





今日の一品


ターメリック葉の香り酢


ここ25年以上、庭で栽培しているターメリック(ウコン)、通常は利用しない葉に麗しい香り成分があることに気づき、ホワイトリカーに漬けてお酒を楽しんできましたが、今回酢に漬けてみて金時草の和え物に使ってみました。金時草の香りも強いので、ちょっとカスミましたが、この香りも感じられました。次はもっと香りの穏やかな食材を漬け込んでみます。なお、葉や花などの食材は漬けて1週間で取り出します。



和え物

 (2018.10.23)



@ホッケの塩麹焼き



ホッケの開きの内側に塩麹を塗り、半日置く。身を閉じて電子レンジ500wで5分。再び開いてオレガノ(矯臭のため)を振ります。

 (2018.10.24)



@鶏手羽元のガーリック、オニオン焼き



弟作。手羽元にスパイスを振り3時間。オーブントースターで180℃、25分。


 (2018.10.24)



@オカカ入りヤマトイモ



弟作。ヤマトイモ(大和芋)を食べると、長芋、山芋との粘り具合での、ヤマトイモの卓越性を感じます。とにかく、箸で挟んでも「落ちない」。感動的です。

 (2018.10.24)






今日の詩


@道


道をみていると、
人を含む動物が通らなくなると
草が生える。


高村光太郎も詠んだ通り
「僕の前に道はない
僕の後に道はできる」と。


すれば道は動物の所有物であるように思われる。
でも老子は「道(タオ)は天地の前からあり」と説いた。
多分この場合、道は宇宙を統べる法則なのだろう。



 (2018.10.21)





今日の二句



カジノキの
葉裏の白さ
冬告げる


 (2018.10.21)




ヒメツルソバ
川の法面(のりめん)
陣を敷く


別名:ポリゴナム・ビクトリーカーペット。園芸用に導入した植物です。タデ科

 (2018.10.21)

桑と納豆の出会い:素晴らしい、でも・・・

桑と納豆の出会い:素晴らしい、でも・・・


以下の文章は、友人が関わった商品、「納豆を乾かし、表面に桑の葉(クワのハ)の粉末をまぶしたお菓子」の推薦文です。

「モバイル☆710」のひとつ、「桑抹茶塩味」はなかなかいいです。まず、桑葉粉末をまぶすので、見た目に美しいね。また、塩味と納豆の味が調和しています。
この品なら、子供のおやつ(顎を鍛える効用ありです)はもちろん、大人の酒の友にも向くでしょう。


さらに、桑と納豆の薬効から、期待できる健康効果を書いてみます。
桑はかならずしも蚕の食草に止まらず、テンプラを初めとする料理にも使えます。桑葉は、桑にしか含まれないDNJ(デオキシノジリマイシン)という成分を含み、これは糖尿病、便秘に効果があるといいます。桑葉にはほかにも、ミネラルとしてカルシウム、鉄が大量に含まれ、カリウムマグネシウム亜鉛も多いです。他にも植物繊維が豊富です。桑葉の薬効は解熱、明白、口渇、脳卒中、蕁麻疹などがあります。


 一方、納豆には整腸作用があり、糖尿病、ニキビ、視力回復に効果があります。両方に共通な薬効もかなりあり、特に糖尿病、整腸(便秘を含む)、視力回復に効果があると推測できます。


 もちろん、この製品は薬剤ではないので、必ず効果があるとは主張しません。


  文責:森下 礼(環境問題研究家、詩人、エッセイスト)



今日のひと言:この文を書いたあと、納豆製品で、納豆を砕いて捏ね、そしてチョコレートをまぶした商品を見かけて食べましたが、残念、チョコの製品のほうが食べやすく・美味しかったです。多分市場では桑葉まぶしのは「硬くて食べにくい」と敬遠されただろうな、と思いました。現代の日本人では、硬くて食べると顎が痛くなる商品を買い求める人はまれだと考えます。


桑の葉青汁粉末 100g

桑の葉青汁粉末 100g

泣くショパン・笑うバッハ:同じ鍵盤楽器でも、こうも違う

ショパン(1810−1849:ピアノの詩人)とバッハ(1685−1750:音楽の父)、どちらも西欧音楽上のビッグネームですが大きな差異があります。


https://youtu.be/0gM4dWVc0fM (ユーチューブ、クリックしてください)


別れの曲


 (ショパン):wiki

ショパンの曲は裏に涙を隠しているように思います。



https://youtu.be/D1JCVGCwN9c (ユーチューブ、クリックしてください)


ブランデンブルグ協奏曲第5番第1楽章アレグロ



(バッハ):wiki


一方、バッハの曲は笑うという感情を表現しているように思えます。


ショパンの場合、結核に冒され、鬱病状態でもあり、また愛すべき祖国・ポーランドから遠くはなれたパリで音楽家活動を続けなければならなかった点、悲しい要因だったでしょう。


ショパン


晩年
ショパンヴィルトゥオーゾとしての一般からの人気は翳りを見せ、それに伴って弟子の数も減少した。1848年に彼はパリでの最後の演奏会を開く。パリでは革命が進行中だった4月、彼はロンドンへと旅立ちいくつかのコンサートを行って大規模な会場で大きな喝采を受けた。この演奏旅行は彼のスコットランド人の弟子で、時に秘書もこなしたジェーン・スターリングとその姉のカセリン・エースキン(Katherine Erskine)の発案によるものだった。また、スターリングは必要な準備をすべて整え、必要経費を提供した。彼女はサンドとの別離の後、脱出できない鬱状態に陥ったショパンの支えとなった。(筆者注:サンドはジョルジュ・サンド。芸術家の男性たちとの恋愛遍歴で鳴らした女性、作家。)

それにしても、これはどの珠玉のピアノ作品を量産するとは、ショパンは偉大です。一方、バッハは子沢山であり、陽気なカンタータも作曲しています。


バッハ:


今日残されているのは、ドイツ語による約200曲の教会カンタータ(本来は5年分:約250曲で約50曲がすでに紛失)、2つの受難曲(3番目のマルコ受難曲のレチタティーヴォが紛失)と3つのオラトリオ、6曲のモテット、ラテン語によるマニフィカト1曲、小ミサ曲(ルーテルミサ)4曲と大ミサ曲1曲が主要なものである(ドイツ語作品では、ルター派の伝統に立脚したコラールが音楽的な基礎となっていることが多い)。
また、それとは別に、宗教的な題材によらない約20曲の世俗カンタータもある。目的は様々で、領主への表敬、結婚式や誕生日祝い、さらにコーヒー店での演奏会用の作品と見られるもの(『コーヒー・カンタータ』、BWV.211)もある。その中にはしばしばユーモアが滲み出ており、バッハの人間性にじかに触れるかのような楽しさが感じられる。なお、テクストを取り替えること(パロディと呼ばれる)によって宗教的作品に転用されたものも存在する。


(引用は、ショパン、バッハともにwikipediaから。)i


個人的にはその人生の間、いろいろなこともあったでしょうが、バッハはうまくその荒海も陽気に乗り切ったとのイメージがあります。



今日のひと言:「バッハ」という言葉は日本語で笑いに笑っているように聞こえ(火の人)、「ショパン:chopin」を英語で発音すると「チョピン」と読め、ダイキンのエアコンのCMのチョピン君を連想します。湿っぽいです(水の人)。この辺の「言霊」でも、両者の差異が感じられます。(←られるか!!)そういえば「雨音はショパンの調べ」(小林麻美)というヒット曲もありました。なお、青年漫画天才柳沢教授の生活山下和美』(モーニングコミックス)のなかで、おしゃまさんで、ショパンを誤って英語よみにして、大恥をかいた女の子、老境で主人公に再会した際「やっぱりチョピンなんだからね」、と胸を張るお話が出ています。面白かったなあ。


なお、私は、別してショパン「子犬のワルツ」が好きです。


https://youtu.be/CNrl3Yiu7rQ (ユーチューブ、クリックしてください)




バッハでは「メヌエット」が好きです。


https://youtu.be/7eiWH7f3Lbg (ユーチューブ、クリックしてください)






ショパン (作曲家・人と作品シリーズ)

ショパン (作曲家・人と作品シリーズ)

ショパン ベスト・オブ・ベスト

ショパン ベスト・オブ・ベスト

新書878バッハ (平凡社新書)

新書878バッハ (平凡社新書)





今日の一品


@納豆・キムチ・ノリタマのビビンバ



ご飯に掛けるのを、広く納豆だけでなく、キムチ、ノリタマ(丸美屋)を混ぜて食べた、無国籍ビビンバ。

 (2018.10.15)



@豚ソテー・かつ丼




ソテーの最後に溶き卵を掛け、だし汁を加えて完成。

 (2018.10.15)



@キクイモ(菊芋)チップス



スライスしたキクイモを、オリーブオイル:ゴマ油=1:1にした多目の油で炒め、最後に輪切り唐辛子を加えてちょっと炒めます。

 (2018.10.16)



@マヨケチャ・トンブリ



ホウキグサ(コキア)の種を膨潤させた秋田県特産のトンブリ。今日はマヨネーズとケチャップを3:1で混ぜて和えました。案外美味しい。

 (2018.10.20)





今日の三句


20年
咲きに咲きたる
マッソニア



この植物は「サカタのタネ」から入手しましたが、長命です。二枚の葉だけで成長します。写真は芽生え。


http://d.hatena.ne.jp/iirei/20081225#1230167759

  :マッソニア・ロンギペスの生長過程

 (2018・10.20)




斜面にて
艶やか競う
シロイバナ



オシロイバナ」は「オ」が丁寧語で、本来「白い花:化粧用の花」と言ったのではないか、と考えました。

(2018.10.20)




シイタケの
グレードアップ
途中なり



シイタケは日光に当たると、ビタミンDの前駆物質:エルゴステリンが形成されます。味も上がり、栄養価も上がるのです。マイタケも同様です。

 (2018.10.20)

理不尽な業務命令(雇われ人はつらいよ)

理不尽な業務命令(雇われ人はつらいよ)

 

 (これは、森下がある塾で働いていたときに課された仕事・・・数学の問題作成・・・についての記述です。ちょっとヘマをして、そのことのペナルティーとして課された仕事です。)


19:40  指示; @@これまでおこなった範囲(おおむねText45pまで)の全範囲を網羅し、1問、20題をめどに、確認すべき問題を見分けたうえで、選び出す@@
19:50  方針として:


1) はじめから素直に問題を解く
2) 問題を「感覚」でピックアップして解く


もちろん、解く問題は、素直に解くわけであるし、その問題の難易度は、講師たるもの、一見して見抜けなければならない。


しかし時間は限られているので、1pからバカ正直に解いている余裕はない。


@@そこで、感覚のかわりに2による剰余類を用い、1~45について奇数ページの問題、演習、例題なら偶数番目、小問についてはそのページの数に2をかけた問題を解くこととする。**もし、その結果が小問数を超えていれば、(結果―N*(小問数))をあげる。)@@


以上のようにすれば、指示の条件を満たした約20題が得られる。(確率的に:probabilitically)もしこれが下位クラスであるなら、演習・例題を奇数番目にすればいい。

そして問題作成をはじめ


21:00にほぼ完成。


以上の解決法は、課題をだした先輩講師に高く評価され、「これ、コピーしてもいいかな?」と言われましたので、「どうぞ、どうぞ」と応えました。私の鮮やかな仕事ぶりが評価されたわけです。まあ、どうせ解けまい、と思っていたようですから、彼。



今日のひと言:このころは、ガロアの「群論」を勉強していて、数学的な感覚は研ぎ澄まされていました。このブログで何度かとり上げた数学者・ガウスの逸話に、小学生のころ、1から100まで全ての数を足し算しなさいと講師が意地悪な問題をだした際、いちはやく正解をだしたというのがあります。私も数学科に行きたかった身、ガロアガウスも偉大だったな、と思います。また、問題は奇数番目が「易しい」、偶数番目が「難しい」問題でした。


参考過去ログ:
iirei.hatenablog.com


勉強の楽しさを教える家庭教師


勉強の楽しさを教える家庭教師


勉強が出来ない子は、勉強のコツ、そして楽しさを知らないことが多く、科目の真髄を見ずにただ暗記させられることがしばしばです。


私は、自分が勉強を楽しんでやったおかげで、東京大学工学部都市工学科を卒業しました。(入学したことだけを鼻に懸ける中退者・ホリエモン堀江貴文とはレベルが違います(筆者注)。


まず、勉強のコツは1)考えること・2)解ること・3)楽しいこと・4)試験で好成績が残せること・再び1)へと循環します。


詳細は以下にお問い合わせ下さい。お待ちします。


(連絡先・略)

森下礼



以上は家庭教師の生徒が欲しくて某タウン誌に出した広告です。原稿を変えつつ、数回載せてもらいましたが、最後の掲載についてはこのタウン誌の読者からの引きはありませんでした。案外最近の親御さん、そして生徒本人が、「勉強なんて楽しくない」と考えているからではないか、と考えるのです。なお、この広告では時給を2500円にしていたのも、忌避された理由かも知れません。今日日、塾は格安で授業を受け持つのですから、家庭教師には過酷な現状です。


今日のひと言:なお、楽しさを謳う今原稿の前は「ワンクラス上の家庭教師は如何?という文句で、複数保護者の引きがありました。(具体的ではないのに。)


知らないと損する塾・家庭教師の選び方

知らないと損する塾・家庭教師の選び方

京大家庭教師が教える やる気が続くシンプル勉強法

京大家庭教師が教える やる気が続くシンプル勉強法

私の一期一会:ある漢詩詩人との一夜(散文詩)


私は、東京暮らしをしていた時、頻繁に下宿を変えたが、2年ほど中野区野方町にいた。酒を飲むと虎になる(?)からか、虎は野に住むから野方に住もうと考えたのだ。


この野方や杉並区高円寺には古書店がたくさんあり、私も古書は好きなので、野方の店に入って、鵜の目鷹の目、本を物色していた。


不意にあるオジイサンが私に声を掛けてきた。曰く「お前の目は普通ではない、素晴らしい。私とちょっと付き合わないか」。


私が持っているとされた眼光・・・これって非行少年から見ても目障りな奴と取られ兼ねないが、この場合、声を掛けて来たのがオジイサンで良かった。



彼の居所は高円寺にあり、私も野方に移る以前は高円寺に住んでいたのでホームタウンのようなものだった。ほいほい、彼に同行した。


居所に導かれた私は、彼とお互いの素性を分かちあった。彼は漢詩を書く詩人で、実際に書いた漢詩を幾編か紹介してもらった。「英雄は英雄を知る」とも言っていた。


酒も出されたが、彼の心のこもった料理も食べさせてもらった。美酒・美食だった。そうしながら漢詩を私が朗読した。彼は私の朗読に満足したようだった。


そのように気持ちの良い交歓で、酒を少々飲みすぎた私は嘔吐してしまった。彼はそれを咎め、「折角の料理を吐き出しやがって、出て行け!」


私も、「ゲロを吐かれるのが嫌なら、わざわざ俺を呼ぶな!」と売り言葉に買い言葉で、オジイサンの家を後にした。お互い飲みすぎただけのこと。二人とも大虎だったさ。



以後は再会したことはない。でも、詩人と自称する今となり、あの出合いはなんだったかと振り返ることがある。あの漢詩が私のなかで根雪となり、詩作を支えているか。


あの時の出合い、それは成句でいえば「一期一会」というものだろう。詩に限らず、家事や料理を楽しくこなす彼のあり方も、いまの私の中で生きている。

 (2018.09.23)


(注:虎、大虎は、酒に酔い、羽目を外す人のこと。)



漢詩入門 (岩波ジュニア新書)

漢詩入門 (岩波ジュニア新書)

書を学ぶ人のための漢詩漢文入門

書を学ぶ人のための漢詩漢文入門

超簡単なので自炊やってみた。

超簡単なので自炊やってみた。




今日の一品


@豚肉とキャベツ、シメジの「トン丼のタレ」炒め



弟作。トン丼のタレ、胡椒、醤油で炒めました。シメジはブナシメジ。流通している”シメジ“は「ホンシメジ」ではなく別種のものですが、ブナシメジは味もよいです。

 (2018.10.09)



@ニラ砂肝炒め



弟作。砂肝を切り、オリーブオイルで炒め、ナンプラー。ニラを入れ更に炒め、最後にカレーパウダーを掛けて火から降ろします。

  (2018.10.10)



@アホスープ




スペインの料理。kkモランボン製。アホとはニンニクのことで、ニンニク・トマトをふんだんに使ったスープ。唐辛子も入っています。鍋にオリーブオイルを敷き、乱切り玉ネギ半分、ベーコンも加えて色がつくまで炒め、スープを加え一煮立ち。担担麺スープとカルビクッパの中間のような味。ちなみに多分アヒージョもニンニクの呼び名と関係があるでしょう。(アホ、アヒの同音性)

 (2018.10.11)



@子持ちニシンのコンソメコチュジャン



弟作。料理名だけで大体の雰囲気は解りますが、卵は煮えにくいのでシャトルシェフ(保温調理鍋)を使いました。

 (2018.10.11)



@菊花和え



秋の食卓には欠かせないもの。近場のスーパーにはないのでやや遠くで入手。花びらをばらして酢をすこし入れた鍋に菊花を入れ、かるく茹でて、醤油、梅サワー漬けで和えます。

 (2018.10.12)





今日の詩


@愛するということ


私は若い頃、愛だの恋だのといった言葉に冷淡だった。
間違えても口にしなかった。
だが生まれて5人目に好きになった女性が


愛とか恋を臆面もなく発言するたび、
私はこの言葉たちに注目するようになった。
彼女が言っていた言葉で


「貴方は淋しい人。貴方の愛し方は人も淋しくさせるよ」
というのが頭にこびりついた。
その後も恋愛遍歴を積むにつれ、


私も「愛」だの「恋」だのを平気で使うようになった。
今では、私もこれらの概念については大家かも。
でも、恋愛は成就しないのよね。オソマツ。

 (2018.10.10)




今日のニ句


ギシギシの
刈っても刈っても
生えにけり



野草のギシギシ。タデ科。食べられます。この写真では、中央の株とやや上の2つがギシギシの芽生えです。

 (2018.10.13)




戦いの
跡を語るや
軍手かな



川沿いの草たちを駆除しようと悪戦苦闘したひとが付けていたであろう軍手の力強さ。
とくにアメリカセンダングサの種はくっ付くと取るのが大変。
 
(2018.10.14)