虚虚実実――ウルトラバイバル

森下礼:環境問題研究家、詩人、エッセイスト。森羅万象、色々な事物を取り上げます。元元は災害に関するブログで、たとえば恋愛なども、広く言えば各人の存続問題であるという点から、災害の一種とも言える、と拡大解釈をする、と言った具合です。

タトゥー(Tattoo)とは何か?:それは「美しい」か?(随想録―60)

タトゥー(Tattoo)とは何か?:それは「美しい」か?(随想録―60)



私は、大学でマンガクラブにいたことがあり、4編のマンガを描いたが、処女作は「キャンバス:Cand-vas」と言い、刺青(入れ墨:Tattoo)を主題にした作品だった。(以後、刺青、入れ墨、Tattooは、Tと略記する。)なにごとにも天才性を発揮した「布袋和尚:七福神の一人」は、ただ一つ、自分が太っていることに、大きな劣等感を持っていた。それを解消するべく、彼はその便々たる腹をキャンバスにして、「桜吹雪」のTを彫ったのだ。さて、どうなるか・・・と言ったマンガだったが、おおむねクラブ員に好評だった。


(この作品は、他の3作品とは違い、現在手許にない。練習用のマンガを掲載する部誌は保存されないので。3作品は学園祭に合わせて発行する、保存用の部誌に掲載された。)




それはさておき、普通Tは、顔や腕に、その人が「罪人」であることを、満天下に明らかにするために彫られるものだった。中国なら、黥布(げいふ)という将軍が有名だったし、日本でも、八丈島あたりに島流しにされた者たちが、腕に彫られていたわけだ。(「黥」という言葉自体、Tを意味する。黥布というのは、つまり本名ではない。)


さて、タンブラーを9か月続けていて、記憶に残ったことの一つに、白人女性には、Tをしている者が非常に多いということがある。青のみの地味なもの、極彩色の派手なもの、いろいろだが、とにかく目に付く。(男性の場合は、もっと多いかも知れない。ボクシングの選手なら、過半数がTをしているように思う。)


例えば、恋人への変わらぬ愛の証として、「純子命」「達夫命」とか、相手の名前を彫ることはありそうだ。でも、白人女性の場合は事情が異なるようだ。ただ単に、「化粧」「魅力のグレードアップのためにTをしているように思えてならない。一回Tを彫りこむと、それは一生消えない。(消そうとすると、彫ったとき以上の手間と忍耐が必要になる。)たった一つの意匠(デザイン)を見せ続けることになるわけで、それに一生付き合うのは、苦痛になるのではあるまいか。一時期の「決意」で、残りの全人生を振り回されるとすれば、私ならごめんだ。(私のマンガ作品にも、どんでん返しを用意していた。)私は、決してTを美しいと思わない。


PS.その後、アマゾンでTについて調べてみたら、シールを張り付けるとか、付けても1週間で消えるという商品が主流で、「痛い思いをせずに」、「気軽に」Tを楽しむ、という乗りであるらしいね。白人女性たち。決してアホではないね。そこへ行くと、男性のボクサーたちは、マジで汚いTを彫りこんでいるように思える。我が道を行ってくれ。

 (2022.12.31)






今日の7句


百日紅さるすべり
見事な紅葉
サプライズ



 (2022.11.04)



コケシたち
道に並ぶや
無縁仏



コケシは、東北地方で、飢饉の際、家族の人数を減らすために子供を殺した、という痛々しい風習があり、その子供を供養するために作ったのがコケシ(子消し)であると言われます。

 (2022.11.05)



流木の
作る造形
比類なし



 (2022.11.05)



珍しや
橋に吊るさる
葛の葉や



 (2022.11.06)




(以下、「日本の家」3句)

「家は、性能」
100年前の
スローガン



むかし、フランスの建築家:ル・コルビジュエは「家は住むための機械である」と言いましたが、ほとんどその発想のままですね。

 (2022.11.05)



段差あり
バリアフリー
考慮せず



この家の施主は、若い男女でしょうから、先のことは考えていないようです。

 (2022.11.06)



玄関か
じつは縁側
半端なり



玄関は北にあり、この段は、単にひなたぼっこをするためのパーツでしょうね。

 (2022.11.06)




超訳とは何か?・・・そのまやかし (随想録―59)

超訳とは何か?・・・そのまやかし (随想録―59)



以下は、2010年のウエブ上の記事。

翻訳の仕方にも様々なものがある。
 例えば原文に忠実に訳す「直訳」、原文の意味に捉われることなく意味を汲み取りながら翻訳する「意訳」などだ。
 しかし、ここ最近、よく聞く言葉がある。「超訳」だ。


 ディスカヴァー・トゥエンティワンから1月に出版された『超訳 ニーチェの言葉』(白取春彦/著)は発売1ヶ月で10万部を突破。ニーチェの思想をかいつまんで知ることが出来ると評判だ。他にもミシマ社から出版されている『超訳 古事記』(鎌田東二/著)や祥伝社新書の『超訳資本論』』(的場昭弘/著)、など「超訳」という言葉にタイトルがつけられている。


 ではこの「超訳」、もともとは何処が語源なのか。
 調査をしたところ、英語学習の教材などを発行するアカデミー出版の社長である天馬龍行氏(本名:益子邦夫氏)が考案し、登録商標しているものだということが判明。


 さっそくアカデミー出版にその意味について聞いたところ、「超訳とは“意訳をより洗練したもの”です」という返答を頂いた。さらに、アカデミー出版のウェブページには「自然な日本語に訳すことを目指した」ものとして「超訳」が考案されたとある。

https://www.excite.co.jp/news/article/Sinkan_index_1021/




より現代の人に解りやすくと、直訳→意訳→超訳 という具合に、翻訳も進歩したという趣旨なのだろう。しかし、私は、超訳の最悪な例を知っている。それは故・新井満氏の『自由訳 老子』。なにやら、老子の「不要な部分は捨て去り、全81章を18章に再構成した」と「僭越にも」言う。彼は超訳とはしていないが、立派な超訳である。その『自由訳 老子』の中で、新井満氏は、致命的な誤りを犯していて、それ一つだけで、翻訳者として不適格との烙印を押されるだろう。以下の過去ログをご覧あれ。


iirei.hatenablog.com


老子』は中国の文献だから、何はともあれ、翻訳は不可欠だろう。では、江戸時代末期の「吉田松陰」などはどうだろう。平安時代の『源氏物語』などは、現代語訳した文章でも、私は歯が立たないが、『留魂録』なら、原文でも解る気がする。


iirei.hatenablog.com


ここに、『覚悟の磨き方  超訳 吉田松陰』(池田貴将・サンクチュアリ出版)という本がある。さきの『自由訳 老子』のように変な本かな、と紐解いてみると、これは吉田松陰関係の文献をちゃんと読んで書いてある、まあ、普通の本だ。「超訳」というより、「意訳」である。章立てが5、6個、全176話が見開きで2話(または1話)という読みやすい形式で呈示されている。(もっとも、私は、池田氏の解釈には、さほど興味はない。吉田松陰自体も、興味の外だ。この本の文章構成の方法にのみ興味がある。)


ここで重要だと思うのは、「翻訳」自体がすでに「創作」であるという意見である。ある意味そうかも知れない。だが、いわゆる「超訳」が、「訳」を通り越し、原作者の作品とは似て非なるものになるのは問題だと思う。それは、元著書の名を借りた「偽物、出来損ないの文字列に過ぎない」ということだ。私が初めて接した超訳の『自由訳 老子』が、あまりにひどい「創作」であったので、「超訳」というジャンルには警戒心を解いていないが、まあ、この松陰本は認めることができるだろう。「超訳」ではなく「意訳」の本として。(ちなみに、この本2021年現在39刷りで、35万部も売れているとのことだ。私は、人に借りて上述のごとく読んだ。)


 (2022.10.29)






今日の7句


ポリゴナム
キャンデーのごと
花を付け



ポリゴナム・ヴィクトリーカーペット。集団的に生える。タデ科

 (2022.10.31)



山茶花
落花進めど
美しき



 (2022.11.01)



一本の
センダンクサの
優美かな



一本なら、憎々しくない。

 (2022.11.01)



ホトケノザ
仏陀が座れる
椅子なりき



 (2022.11.01)



冬来たり
銀杏の葉が落ち
カーペット



 (2022.11.02)



朝日浴び
すくすく伸びる
ギシギシか



降霜もありました。

 (2022.11.03)



菊の列
一年だけで
見事なり



菊は一年草なのかな。

 (2022.11.03)