虚虚実実――ウルトラバイバル

森下礼:環境問題研究家、詩人、エッセイスト。森羅万象、色々な事物を取り上げます。元元は災害に関するブログで、たとえば恋愛なども、広く言えば各人の存続問題であるという点から、災害の一種とも言える、と拡大解釈をする、と言った具合です。

人の名前が人体や物に付けられた例:アキレス腱・包丁など

人の名前が人体や物に付けられた例:アキレス腱・包丁など

アキレスはギリシャ神話の英雄で、赤子のとき、不死の泉に沐浴させられ、不死身の体になったのですが、親が握っていた部位については水が付かなかった・・・それがアキレス腱だったのですね。ここに傷を受けたアキレスは絶命します。それで、個人・団体などの致命的な弱点を意味します。


「ノドボトケ」を英語で言うと、「アダムズ・アップル:an adam's apple」です。このことばは禁断の木の実を食べたアダムとイブが神に見とがめられ、あわてたアダムは木の実(ここではリンゴのこと、異説あり)を喉に詰まらせ、突起になり、これが男性特有のノドボトケの起源であるというのです。あわてなかったイブは、喉に木の実をつっかえさせず、飲み込んだので、ノドボトケはないという落ちも付きました。「弁慶の泣き所」=「向こう脛:むこうずね」という言葉もあります。キリスト教における「イエス・キリストの肉」=パン、「イエス・キリストの血」=ワインもその例でしょうか。(ちょっと違うか。)


包丁も人名が起源のことばです。『荘子』に出て来るのですが、名料理人の「包丁」に、王が肉を刃物(今で言う包丁)で捌くのを見せてもらい、その技の見事さに感嘆し、その技の特徴を下問し、「これは人生にも活かせる極意である」と賞賛するのでした。(ただし人名としての「包丁」は、もっと難しい漢字を書くのですが、再現できません。)


人の名前が人体の一部を呼ぶのに使われることは、特に医学の分野では事例が多いです。
ここで取り上げるのは、医学生が初年度に学ぶ解剖学の資料から、人体のある部分に人名が付けられた一覧表です。


「category/人名付」に関連するカテゴリー/項目の一覧
 ウィリスの動脈輪
 エディンガー=ウェストファル核
 オッディの括約筋
オングストローム
カウパー
 ケルクリング弁
 ゴルジ装置
 シュワン細胞
 シュワン鞘
 シルヴィウス水道
 トライツ筋
 トライツ靭帯
 バウヒン弁
 ファロピーオ管
 ファローピウス管
 ファーター乳頭
 ブルンナー腺
 ヘンレループ
 ヘンレ係蹄
ペンフィールドホムンクルス
 ボタロー管
 マジャンディ孔
ミュラー
ミュラー管抑制因子
 モンロー孔
 ライディッヒ細胞
 ランゲルハンス島
 ラ氏島
リーベルキューンの陰窩
リーベルキューン腺
 ルシュカ孔
 ワルダイエルの咽頭
 抗ミュラー管ホルモン

出典:https://anatomy1.net/?category/%E4%BA%BA%E5%90%8D%E4%BB%98

:資料 - 1年生の解剖学辞典Wiki  (抄)



今日のひと言:医学関係なら、ある研究者が人体の研究をして、自分の名前が当該器官に付くことは望外の吉事なのでしょうね。そのような事例も多いのでしょう。私などはランゲルハンス島くらいしか知りませんでした。(私は受験生のころ、複数の大学医学部に合格していたので、その進路を取れば、これらの用語も諳んじられたのでしょうが、私は理学部、工学部につらなる東京大学理科1類に進学しました。)




ぜんぶわかる人体解剖図―系統別・部位別にわかりやすくビジュアル解説

ぜんぶわかる人体解剖図―系統別・部位別にわかりやすくビジュアル解説

人体 失敗の進化史 (光文社新書)

人体 失敗の進化史 (光文社新書)




今日の一品


@若いアボカドの炒め物


f:id:iirei:20190711001241j:plain


弟作。アボカドが思ったより硬かったので、切り分け、オリーブオイルとバジルソースで炒めました。幾分、柔らかくなりました。


 (2019.07.05)



ひよこ豆とメイクイーンのスープ


f:id:iirei:20190711001335j:plain


ひよこ豆は一晩水浸し、圧力鍋で定常状態で5分茹で、冷めたところですりつぶし、角切りに切ったメイクイーン(ジャガイモの一種、煮崩れしやすい、それが良い)と茹で、ナンプラータラゴンで味付け。飾りにクコの実。(タラゴンナンプラーの匂いを中和します)

 (2019.07.05)







@カルビクッパ


f:id:iirei:20190711001441j:plain


今日の昼食は久しぶりに焼肉料理店。お好みのこの料理を食べました。ブロックのカルビ肉がごろっと入った、唐辛子で真っ赤な雑炊。フーフー言いながら食べるのが良いのです。

 (2019.07.06)


本当においしく作れる 韓国家庭料理 (きちんと定番COOKING)

本当においしく作れる 韓国家庭料理 (きちんと定番COOKING)



@鶏レバーと玉ネギ、ニンニク炒め


f:id:iirei:20190711001534j:plain


冷凍してあった鶏レバーをよく茹で切り分け、クミンを敷いたフライパンで玉ネギ、ニンニクを炒めた後、レバーを入れ、塩を一つまみ、最後にカイエンペパーを投入して、火から降ろす。

 (2019.07.07)





今日の一首


足指の
痛みをこらえ
歩く道


楽しくもあり
楽しくもなし



指にいくつか擦り傷がありますが、日課の散歩は欠かせません。

 (2019.07.05)




今日の三句


除草して
夫婦田に立つ
手は確か


f:id:iirei:20190711001635j:plain


 (2019.07.06)



期せずして
列をなすなり
サギが五羽


f:id:iirei:20190711002058j:plain


写真は、5羽揃う直前の写真で、3羽しか映っていません。

 (2019.07.10)



身がすくむ
道横切りし
ヤマカガシ


この蛇は、かなり強い毒を持った危険な者です。

 (2019.07.10)

人名用漢字(人名に使える漢字):良いのか?こんな漢字を使って!

人名用漢字(人名に使える漢字):良いのか?こんな漢字を使って!

女性の名前で「りさ」と読む漢字2文字は結構あります。「理沙」「理紗」「理佐」「里沙」「梨沙」などなど、沢山あります。ではと、「利差」という女性の漢字があるか、考えてみますと、「まずありそうにはありません」。「利」は「利益」などの儲け話を連想させますし、「差」という減法の意味の漢字を、人名で見たことはないのです。そんな訳で、この「利・差」という漢字が組み合わされた名前は使われないのだと思います。


では、この場合を拡張し、「和・差・積・商」という四則演算の結果についてどうなのかと考えて見ますに、「和」は「和子:かずこ」「秀和:ひでかず」など、男女ともに多くの使用例があります。「差」は上に書いた通り。「積」にはボクサーの「長谷川穂積:はせがわ・ほづみ」などの例があり、「商」については、日本人の名前としてはこれもあまりないようです(中国の詩人に「李商隠:りしょういん」という使用例がありますが)。演算の結果がもとの数より小さくなる「差」や「商」は、人名としては「不吉だ」と忌避されるのでしょう。


https://iirei.hatenablog.com/entry/20170710/1499687735

 :李商隠晩唐の大詩人〜打ちひしがれた少年が覗く青玉


f:id:iirei:20190705143438p:plain


李商隠wiki


このように考え、常用漢字(1945字)にプラスして、人名に使うのを許容された一群の漢字に「人名用漢字」がありますので、新追加された488字と旧来の290字、異体字205字、その一覧表を紐解いて、「こんな漢字が人名に使われるの?」という例を挙げて行こうと思います。全部の漢字を合わせて2928字が人名に使えます。(参考にしたのは『現代漢語例解辞典』:小学館の付録「新人名用漢字一覧」:2005年現在 です。)


@儲  チョ(音)  もうける(訓)  そえ(人名)  以下の例も同様

  さっそく、儲けるという意味の漢字が出てきました。どんなもんだか。(新追加)


@冥   メイ  くらい(暗い) 

   冥王プルートー。危ないし、蒙昧な人であると連想できる?猛毒プルトニウムも連想される。(新追加)


@嘩   カ

  喧嘩(けんか)の嘩。(新追加)


@尤  ユウ   とが、咎める、もっとも   もつ・もと

   罪状を意味してどうする。(新追加)


@掠  リャク  かすめる  くら

   奪い去ること。良いのか?こんな漢字。(新追加)


@烏  オ・ウ  からす・いずくんぞ・なんぞ

   黒い鳥の「不吉ともイメージされる」カラス。(新追加)


@遁  トン・シュン  のがれる

   逃げるという意味の漢字。(新追加)



今日のひと言:いくつか、問題があると思われる人名用漢字をピックアップしてみましたが、それが全部「新追加」された漢字ばかりでした!この漢字たちは、どういった基準で選ばれたのか不思議です。旧来の人名用漢字には、さほど問題のあるものが存在するとは思えませんでした。例えばほめたたえるという意味の「頌:ショウ」。


また、以前、生まれた男の子に「悪魔」と名付けた夫婦がいました。その後変更したらしいですが、「悪」という字は、しっかり人名用漢字に入っているようですし、「魔」は常用漢字に入っているので使えないわけではないようです。確かに「みどり魔子」と言ったような芸名は存在しますが、一般人でも使えるのでしょう。ただし、「悪魔」のように組み合わせると、社会通念上問題が生じる場合は、戸籍掛りの役人から、待ったがかかるのです。



新しい常用漢字と人名用漢字 漢字制限の歴史

新しい常用漢字と人名用漢字 漢字制限の歴史

人名用漢字の変遷 子の名に使える漢字の全履歴

人名用漢字の変遷 子の名に使える漢字の全履歴

]
三省堂 常用漢字辞典

三省堂 常用漢字辞典





今日の一品


@皮の焼き鳥


f:id:iirei:20190705143521j:plain


弟作。切り分けた皮を砂糖、醤油、コチュジャンを合わせたソースに3時間ほど漬け、オーブントースターで180度、25分焼きました。いやー、皮は美味しい。

 (2019.06.29)



@カラスカレイのムニエル


f:id:iirei:20190705143604j:plain


カラスカレイの切り身に、塩、胡椒して2時間置き、小麦粉をまぶしてバターで炒めます。仕上げに電子レンジで1分半(500W)。←切り身が厚かったので念のため。

 (2019.06.30)



@深川皿


f:id:iirei:20190705143647j:plain


弟作。むき身のアサリ、ネギ、卵、クコの実を醤油、コンブ汁(ヤマサ)で煮ました。ショウガが隠し味。

 (2019.07.02)





今日の詩


@私と酒


子供のころ試しに酒を飲まされた。
日本酒やビール。
こんな不味いものはない、と思った。


だが大学生になりいちはやくビール好きになった。
友人のススメでワイン好きに。
また別の友人のススメで日本酒好きに。
「菊水」がワインのようにフルーティー


その後またもや友人たちの影響で焼酎好きに。
さらにはまたしてもや友人の影響で中国酒好きに。
竹葉青酒:チューエイチンチュウ」の美味。


さて、それまでの傾向と違ったのが
フランスのリキュール「シャルトリューズ」。
これはハーブの勉強をしつつ出会った言葉だった。
友人の影響から脱して自分で探し当てたので価値がある。



過去ログ

https://iirei.hatenablog.com/entry/20170512/1494572724

 :これまで私が飲んで来た酒:芳醇な一滴(主にシャルトリューズ


 (2019.06.30)





今日の五句


重き香の
シルクジャスミン
目を覚ます


f:id:iirei:20190705144121j:plain


シルクジャスミンは、ミカン科の香木。花がやや重い香りを放ちます。

 (2019.06.29)



保育園
門扉の前に
ヘンルウダ


f:id:iirei:20190705144235j:plain


ヘンルウダは、ミカン科の香りの強いハーブ。たぶんネコ除けなのでしょう。

 (2019.06.30)



朝散歩
あいさつ返さぬ
翁(おきな)たち


朝すれ違う人に挨拶しても、男性の老人は返さぬ人が多いです。

 (2019.07.01)



列をなし
噂しけるか
小アリかな


f:id:iirei:20190705144334j:plain


 (2019,07.03)



ベニバナの
黄花・赤花
競い咲く


f:id:iirei:20190705144427j:plain


紅花からは、赤と黄の染料が取れます。

 (2019.07.04)

『豆腐百珍』と『蒟蒻百珍:こんにゃくひゃくちん』~百珍本の世界

豆腐百珍』と『蒟蒻百珍:こんにゃくひゃくちん』~百珍本の世界


世に名高い『豆腐百珍』は、天明2年(1782年)出版された豆腐料理100種の料理本。以下の引用はwikipedia豆腐百珍)より。



豆腐百珍では、豆腐料理を以下の6段階に分類・評価している。


@尋常品:どこの家庭でも常に料理するもの。木の芽田楽、飛竜頭など26品。

@通品:調理法が容易かつ一般に知られているもの。料理法は書くまでもないとして、品名だけが列挙されている。やっこ豆腐、焼き豆腐など10品。

@佳品:風味が尋常品にやや優れ、見た目の形のきれいな料理の類。なじみ豆腐、今出川豆腐など20品。

@奇品:ひときわ変わったもので、人の意表をついた料理。蜆もどき、玲瓏豆腐など19品。

@妙品:少し奇品に優るもの。形、味ともに備わったもの。光悦豆腐、阿漕豆腐など18品。

@絶品:さらに妙品に優るもの。ただ珍しさ、盛りつけのきれいさにとらわれることなく、ひたすら豆腐の持ち味を知り得るもの。湯やっこ、鞍馬豆腐など7品。


この本が大成功を収めたあと、蒟蒻(こんにゃく)、甘藷(サツマイモ)、鯛などでも100種の料理法を集めた本が相次ぎ発刊されました。実際どんな料理だったのでしょう?


豆腐の基本的な製法は wiki(とうふ)の記載では



豆腐(とうふ)は、大豆の搾り汁(豆乳)を凝固剤(にがり、その他)によって固めた加工食品である。

東アジアと東南アジアの広範な地域で古くから食されている大豆加工食品であり、とりわけ中国本土(奥地を含む)、日本、朝鮮半島、台湾、ベトナムカンボジア、タイ、ミャンマーインドネシアなどでは日常的に食されている。加工法や調理法は各国ごとに異なるが、このうち日本の豆腐は白く柔らかい食感を持つ「日本独特の食品」として発達した。


・・・となっています。一方、wiki コンニャクの製法は

通常、コンニャクと呼ばれる食品はコンニャクイモに含まれるコンニャクマンナンという多糖を糊化し、アルカリ液(通常は水酸化カルシウム水溶液が用いられる。かつては灰を水で溶いた汁を使った)を用いて凝固させたもので、ぷにぷにとした独特の食感を持つ。一旦凝固させたコンニャクは水溶性を持たず、強い弾力を示す。

アルカリによって凝固するのですね。


どちらも色々な意味で、ヘルシーな食品です。ここで、具体的に料理のレシピを取り上げ、実際に作ってみようと思います。種本は『翻刻 江戸時代料理本集成 第五巻』(吉井始子:編  臨川書店)です。


@礫(つぶて)でんがく


f:id:iirei:20190629134138j:plain


とうふを八分方(よほう)あつさ四五分に切ひと串に三つづつさし  雉子やき田楽の如く狐皮色に炙(やき)串ぬきて其のまま楽焼の蓋(ふた)茶碗に入れ辛子(からし)酢みそかけ罌粟(けし)ふる也

21P


これは最上級の「絶品」の一つです。2019.05.02に作ってみましたが、これは難しい。串に刺した豆腐がオーブントースターのなかで崩れて落ちます。仕方ないので網の上に乗せて焼きました。網に引っ付く、引っ付く。出来上がりはとても見てくれが悪く、失敗の部類でしょう。味はまずまず、豆腐が締まり、食感が重厚になり、それがタレと調和していたようです。へたくそな料理でしたが、絶品の片鱗は見えたようです。なお、1分=3.03mm(ミリ)。


@昆布巻


f:id:iirei:20190629134301j:plain


八まんごんにゃくを細長くきり昆布または荒和布(あらめ)のるいにてまき酒醤油にて煮る

320P


『蒟蒻百珍』の場合、料理に「階級差」はありません。これは2019.04.14に作ってみました。昆布から蒟蒻がはみ出しやすく、成形に苦労しました。味はまずまず。



今日のひと言:今の時代ならありふれた食材である豆腐、蒟蒻になんと真摯に取り組んでいることか、現代人も見習う点があると思います。料理を楽しんで作り食べるという姿勢が良いです。なかには終日調理に時間を費やす、という料理もあるのです。



江戸時代料理本集成 第5巻―翻刻

江戸時代料理本集成 第5巻―翻刻

豆腐百珍 (とんぼの本)

豆腐百珍 (とんぼの本)



今日の一品


@ナスの三五八漬け


f:id:iirei:20190629134411j:plain


ナスを縦に半分に切り、筋状に皮を剥き、床に漬け込むこと5時間弱で取り出し、切り分けました。床は数年前から作ってあり、冷蔵庫で保存しています。塩気が強いので、カビは生えません。

この漬物についてwikiから拾ってきますと


「三五八漬け(さごはちづけ)とは福島県山形県秋田県の郷土料理で、麹で漬けた漬物のこと。名前の由来は漬床に塩、米麹、米をそれぞれ容量で3:5:8の割合いで使うことからである。」

 (2019.06.23)


子持はたはた 三五八漬け

子持はたはた 三五八漬け



@ベビーコーンのコチュジャン炒め


f:id:iirei:20190629134514j:plain


中華料理の材料の一つとして使われることが多いベビーコーン(若いトウモロコシの穂)を塩、コチュジャンで炒めました。野趣あふれる?

 (2019.06.27)





今日の詩


びじゅチューンソネット


源頼朝像↓


f:id:iirei:20190629134609j:plain


源頼朝の似せ絵(肖像画)は
国宝である。
なにやら描かれた衣服が
折り紙に見えたのか


色色とその衣服を折っていたのが
面白かった。頼朝が自分の体(折り紙)で
折り鶴を折ってみたり
箱を折ってみたり。


折る前のぺらぺらな折り紙で
凧を作って頼朝自身を飛ばしてみたり。
ヘタな歌に乗せて奇想天外なデフォルメ。


いやー、笑った、笑った。パクパク。
この番組はNHKEテレで夜
7:50-7:55放送のミニ番組。

 
https://www.youtube.com/watch?v=IXZaMG1NVKc

 :おりがみのよりとも(短編アニメ) 作者:びじゅチューン

 (2019.06.26)





今日の三句


放射状
コニシキソウ
艶姿


f:id:iirei:20190629134712j:plain


これ、毒草です。

 (2019.06.23)



大振りの
稲に見えるや
マコモタケ


f:id:iirei:20190629134804j:plain


マコモタケ(真菰茸)はイネ科の草で、秋に菌が寄生して幹が白く膨れます。炒めて食べると美味。

 (2019.06.25)



緑色
こんなに違う
イネとネギ


f:id:iirei:20190629134854j:plain



 (2019.06.26)

悪意(malice)に満ちた童話:グリム童話の削除された話たち

悪意(malice)に満ちた童話:グリム童話の削除された話たち

かれこれ40年ほど前、女性ライターが2人、共同名義(桐生操)で、『本当は恐ろしいグリム童話』というエッセイ(ないし童話の集成)を書いたことがあり、そこでは、『白雪姫』や『赤ずきん』などでよく知られたグリム童話にも、恐ろしい話があると言うことを究明していて、読書人の間で評判になっていました。ここで取り上げる本:『封印されたグリム童話:“削除”された最も残酷でグロテスクな33話』(桑名怜:訳/宝島社)の場合、もっと先鋭的で、グリム童話に掲載されていた「好ましくない」童話を原作者兄弟の弟(兄:ヤーコブ、弟:ヴィルヘルム)が版を重ねるたびに「削除」していったのですが、その削除された童話を取り上げたのが本書です。


ここに、maliceはラテン語のmalitia が語源で、”mal” が悪いという意味を内包しています。「悪い意図」であることですね。この言葉のフランス語訛りが maliceです。同じような用例として、マラリア(伝染病)は malaria で、「悪い空気」を意味します。ちなみに、フランスの詩人:ボードレールの詩集『悪の華』は、Le fleure de mal で、malという言葉がもちろん「悪」という意味です。

http://melma.com/backnumber_174396_4411241/ 参照。


最初の話からしてぶっ飛んでいます。『サヨナキドリとメクラトカゲ』。サヨナキドリ(ナイチンゲール)とメクラトカゲは両者とも片目。あるときパーティーに出席するので目を貸して欲しいとメクラトカゲに頼むサヨナキドリ。気前よく貸すメクラトカゲでしたが、サヨナキドリは返そうとしません。騙されたと知ったメクラトカゲは以後サヨナキドリの卵を食べようと狙いますし、サヨナキドリはメクラトカゲの手の届かぬ高い樹上に巣を作るようになります。これが結末。救いはなく、両者の間で交錯する「悪意」が鮮明に写しだされます。(なお、「メクラ」という表現は、多分、原作が古い時代の作品であり、当時の息吹を正しく伝えるために訳者が残したのでしょう。)


『子どもたちの屠殺ごっこ』。1、2話とありますが、同工異曲で、1話は「無邪気な」子どもたちが肉を得る過程として肉屋、血を集める係、豚などと役割を決めて遊び、肉屋役の子は終いには豚役の男の子の、のどぶえを掻き切り、本当に殺してしまいます。無邪気な遊びだったので(・・・!)、大人たちは始末に困り、審判役の大人が、片手に真っ赤なリンゴ、もう一方の手に銀貨を持ち、肉屋役の男の子に選ばせ、リンゴを取れば無罪、銀貨を取れば死刑」という「解決法」を用い、見事リンゴを選んだので無罪放免になりました。ただ、この男の子の尋常でなさは、特筆もので、現代だったら少年院行きということになるでしょう。その一部始終の冷酷さはサイコパスと言ってもよかったので、厳罰物であるように思います。いくら処置に困ったとは言え、無罪放免はないでしょう。


この残酷なお話はそれを読む子ども達にどんな影響を与えるでしょう?童話また絵本というメディアは子ども達の情操教育と言った観点から、「善意」を体験させるのが本義であり、「悪意」を固定させるというのは邪道だと思います。ヴィルヘルムはそういった観点から、童話集に掲載された悪意のある作品を削除していったのだと考えます。その対極にあるのが絵本『僕をさがしに』(シェル・シルヴァスタイン)とか『あおくんときいろちゃん』(レオ・レオーニ)などの素晴らしい絵本でしょうね。


『子どもたちの屠殺ごっこ』以外の話でも、殺人のシーンが当たり前のように登場し、枚挙に遑がありません。その一つとして『憂いの聖女』。決して結婚しないと神に誓った美しい王女、王があれこれ結婚させようと画策するのに対し、とうとう神にヒゲを伸ばさせてくださいと祈願し、その願いは聞き届けられ、ヒゲぼうぼうになります。それを見た王は怒り狂い、王女をあっさり殺してしまいます。彼女の死後も物語は続きますが、結末においても、王女はさほど幸せではありませんでした。このお話は寸劇としてはよく出来ていると思われました。もっとも、この削除童話集にも王女がよく登場しますが、「美しい」という記述はあっても、内面性とかにはまったく触れられません。大雑把な人物描写です。悪く言えば「紋切り型」ですね。近・現代的な小説や戯曲の立場から見ると、やはり見劣りします。



今日のひと言:男性は、王子とか庶民とか、だいたい3人セットで登場します。末の男の子は、バカとして描かれることが多いのは、これはドイツ民族にとって「3」という数字が特別だからでしょうか?そして、そのバカの子が、おおむね幸せを掴むのです。


最後に、この本のイラストは「タダジュン」さん、おどろおどろしくて、本文にベスト・マッチしています。




封印されたグリム童話 “削除

封印されたグリム童話 “削除"された最も残酷でグロテスクな33話

本当は恐ろしいグリム童話 (WANIBUNKO)

本当は恐ろしいグリム童話 (WANIBUNKO)

新装 ぼくを探しに

新装 ぼくを探しに

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)




今日の一品


ヨモギの素揚げ



f:id:iirei:20190623071542j:plain


ヨモギの穂先を摘んできて、素揚げ(衣をつけない天ぷら)にしました。ただし油は最小限に抑えて。旬の時期を過ぎていたのか苦味が強かったです。残念。来年は早春に摘もう。上手く揚げると、最高に美味しいのです。

 (2019.06.19)



@豚バラ肉と豆苗の炒め物


f:id:iirei:20190623071631j:plain


弟作。豚肉は薄切り。この肉と豆苗(エンドウ豆のスプラウト)はとても良く合い、牛肉の薄切りより美味しいと思います。調味料はナンプラー、胡椒、ショウガ。

 (2019.06.20)



タラゴン


f:id:iirei:20190623071718j:plain


なんのことはない、フランス料理に用いられるフレンチ・タラゴンを掛けて焼いた鮭です。タラゴンは、稀な風味を持ったハーブで、魚料理に特に合います。


関連記事 

https://iirei.hatenablog.com/entry/20151010/1444432186

 :タラゴン~~繊細にして豪放なハーブ

 (2019.06.21)



@ケールの和え物


f:id:iirei:20190623071818j:plain


ケールは栄養豊富、強い作物ですが、やや葉は硬い。加えてやや苦い。茹でてごまわさびドレッシングで和えました。ちょっとそれらの欠点が解消できたか。

 (2019.06.22)






今日の詩


白百合女子大学


梅雨の晴れ間
しとやかに咲く白百合。
日本では女性美のシンボルであり、


その名を冠した
白百合女子大学のOGと
知り合ったことがある。


それまで私は「お嬢さん大学」としての
この学校を知らなかった。
彼女はよく気の付く人で、


地面に無造作に置いたショルダーバッグを
無言で物の上に置いてくれた――
こんな気遣いをされたことのなかった私は


舞い上がった――
これが私を三角関係の地獄に
引きずり込む聖女かつ魔物との出会いだった。


f:id:iirei:20190623071916j:plain


 (2019.06.17)




今日の四句


コスモスを
野草囲めど
元気なり


f:id:iirei:20190623072011j:plain


ふと道の脇を見たらコスモスの芽生え。

 (2019.06.19)




保育園
土曜なれども
声高し


土曜日も仕事の親御さんが多いのでしょう。

 (2019.06.22)



外道なり
なれどもスイカ
畑に伸び


f:id:iirei:20190623072108j:plain


外道(げどう):栽培予定以外の植物。

 (2019,06.22)



大木なり
夾竹桃(きょうちくとう)は
死の匂い


f:id:iirei:20190623072209j:plain


この植物は猛毒です。

 (2019.06.22)

スプラウトを自家栽培する:「おうちでベジ」(タキイ種苗)

スプラウトを自家栽培する:「おうちでベジ」(タキイ種苗

これまで、アルファルファをもやし(スプラウト)にしたことがあり、成功しましたが、(これはソース焼きそばのパックを使いました。)ところがこのやり方ではチアシードは上手く行かず、頓挫していました。そんな時、タキイ種苗から送られてきたパンフレットに手軽にスプラウト栽培が出来るキット「おうちでベジ」が載っていたのですぐ買うことにしたのですね。小型の栽培器(13cm×9cm)2個をセットで980円。


容器は2つの部分から出来ていて、本体には水を、書き込まれた目印の水位まで入れます。フタには細かな穴が開いていて、ここから根が本体の水に向って伸びます。


以下、栽培の実際


f:id:iirei:20190617160908j:plain


容器


f:id:iirei:20190617161027j:plain


2019.03.22 種まき後(左チア、右セリフォン(中国カラシナ))



f:id:iirei:20190617161216j:plain


2019.03.28 発根した(セリフォンのほうが速い)



f:id:iirei:20190617161334j:plain


          横から見た根


f:id:iirei:20190617161455j:plain



2019.04.07 セリフォン伸び切る


f:id:iirei:20190617161544j:plain


2019.04.08 セリフォン収穫


f:id:iirei:20190617161641j:plain


 セリフォン塩もみ


f:id:iirei:20190617161814j:plain


2019.04.12 チア収穫、引き続き春菊を蒔く


f:id:iirei:20190617161903j:plain


           チア塩もみ
      

f:id:iirei:20190617162537j:plain

2019.04.25 春菊収穫


f:id:iirei:20190617162822j:plain


    春菊のごまわさびドレッシング和え



・・・・・・・・・・・・・・・


f:id:iirei:20190617162939j:plain

2019.05.22  ひまわりスプラウトの和え物(ごまわさびドレッシング)



・・・こんな感じです。2器別々に2種類播くと、収穫量が乏しいので、以後は一つのスプラウトに2器同時に使うことにしました。


注意事項として、容器の水は毎日取り替えるべし、とありましたが、私は現在2日に一辺取替えています。暑くなったら毎日する積もりです。(3月現在の記述、今は毎日取り替えています。)


栽培期間ですが、収穫までにセリフォンで16日、チアで20日、春菊で13日掛かりました。いまだ気温が低いためか、成長が遅かったのかも。


タキイ種苗で扱っているスプラウト用の種はいろいろあり、

ブロッコリーラディッシュルッコラ、ケール、赤キャベツ、赤ラディッシュ、チア、バジル、アルファルファ、ひまわり、マスタード、ヘルシーミックス」

の12種類を通販しています。私はチアをすでに持っていたので、ヒマワリを買ってみました。ナッツのようで美味しいスプラウトになります。外にも、農薬処理されていない種子を栽培するのも可能でしょう。(私がスプラウトにしたセリフォン、春菊などがそう)
また、たぶん夏、秋に出回るスイカ、カボチャの種もスプラウトに出来るでしょう。



今日のひと言:「もやし」と言うと、なんだかしょぼくれた観を持ちますが、「スプラウト」というと、なんだか元気もりもり、といった感じになります。でも、両者は「同じもの」の言い換えに過ぎません。



スプラウトレシピ―発芽を食べる育てる

スプラウトレシピ―発芽を食べる育てる





今日の一品


@親子炒め



f:id:iirei:20190617163151j:plain

ケール

f:id:iirei:20190617163300j:plain


キャベツとその親・ケールを合わせて炒めました。ケールは葉を一度茹でて柔らかくし、ざく切りのキャベツと炒め、オカカふりかけ、バジルのスプラウトを加えて味を整えました。

 (2019.06.14)



@カイアポ酒の漬け込み


f:id:iirei:20190617163352j:plain


カイアポ芋(シモン1号)はサツマイモの仲間で、糖尿病に効果があると言われる薬用植物。芋の皮は白っぽく、甘みは乏しい。私はこの芋の苗を種苗会社から入手し、栽培したことがあります。当面使わないので、輪切り、乾燥して冷凍保存していましたが、今回はそれを35度のホワイトリカーに漬け込んでみました。瓶の3分の1にカイアポ芋、また3分の1にリカー、砂糖少々。


この作物は地力を消耗させるので、一回栽培した畑には数十年植えないこととされるようです。

 (2019.06・15)






今日の三句


植え立ての
稲の間泳ぐ
鴨が二羽


f:id:iirei:20190617163448j:plain


なにかの餌を啄んでいたのでしょう。番(つがい:夫婦)?

 (2019.06.11)



雨の夜
雌猫めぐり
雄、戦さ(いくさ)

 (2019.06.11)



雨が降る
蛙の鳴き声
未来呼ぶ


これは人類にとっても。

 (2019.06.15)

8050問題:現代の世相はここまで来た!:川崎の惨劇

8050問題:現代の世相はここまで来た!:川崎の惨劇

「8050(はちまるごおまる)問題」。この問題は、現代日本の抱える深刻な問題の一つです。この4桁の数字は、80=80代の老人、50=50代の中年を意味しますが、普通は80代の老人の介護に、50代の子供が奔走するというように思われますが、実はさにあらず、50代の「引きこもり」「NEET」の世話を80代の老人が見ることが多くなって来たという状況を指すのです。80と50、ちょうど30歳差で、1世代=1ゼネレーションの差、親子の歳の差を表すのですね。wiki から。


引きこもりの若者が存在していたがこれが長期化すれば親も高齢となり、収入に関してや介護に関してなどの問題が発生するようになる。これは80代の親と50代の子の親子関係での問題であることから「8050問題」と呼ばれるようになった。
2018年に内閣府は、40歳から59歳までを対象とした初の実態調査を行った。それは従来までは引きこもりの問題は若者特有の問題であるとして調査されていたものの、中高年の実態はどうであるかを把握して支援に役立てるため。そして2018年度の予算案に調査費として2000万円を計上した。


該当している親子というのは親には収入がなくなっている状態であり、親子で社会から孤立した状態になっている。2018年3月5日の北海道新聞では該当する親子がそろって孤立死したという記事が掲載された。これは1月に検針に来たガス業者が異変に気付き、中に入ってみれば親子で孤立死しており、これは前年に死んでいたと思われる状態であった。


こんなところがあらましです。おおむね2018年になってから問題の呼び名にこの8050問題が宛てられたというところでしょう。



月刊ケアマネジメント2019年3月号【特集】8050問題に注目 長期化するひきこもり

月刊ケアマネジメント2019年3月号【特集】8050問題に注目 長期化するひきこもり

8050問題を生きる 明日を語る言葉を見つけたい

8050問題を生きる 明日を語る言葉を見つけたい

今ひきこもりの君へおくる 踏み出す勇気

今ひきこもりの君へおくる 踏み出す勇気



「必ずしも、不登校の延長だけではなく、誰でもひきこもりの状態になり得るという状況が今あると思います。1つには、一度レールから外れるとなかなか戻れない社会の構造になっているということがあります。履歴書社会で雇用関係も大きく変わってきて、コスト競争などが激しくなり、非正規や派遣の数も増大している。そういう中で、非常に職場の環境自体がブラック化していて、そこで傷つけられる、あるいはものすごい働かされるということで、自分がこのまま職場にいたら壊されてしまうという危機感から、防衛反応としてひきこまざるを得ない人たちが増えているという現状があるのかな、と思います。」(池上さん)

(中略)
「ひきこもりの方たちの中には確かに精神疾患を抱えた人たちもいるんですけども、一方で社会的ストレスで、今の生きている社会から自分を守るために、命を守るために、あるいは尊厳を守るためにひきこもりらざる得なくなっている人たちが、最近増えているような傾向がありますね。」(池上さん)

(中略)
「支援のメニューの選択肢が少なすぎると思います。就労というのが1つのゴールになっていて、就労ありきの支援というものしか事実上なかったと思うんです。実態調査を行って、課題が何なのか、何を当事者たちが求めているのかを知った上でメニューを構築していかなければならないと思います。」(池上さん)

https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/96/

池上さんとは池上正樹さん、ジャーナリスト。


この記事はNHKで取り上げられた、8050問題のアウトラインです。(ハートネットTV 2018年4月24日放送「HEART-NET TIMES 4月」)


今日のひと言:引きこもり状態が続いて、もはや親にすがることも困難になってきた時代背景、全社会的なケアが必要だと思われます。2019年5月28日に川崎で起きた20人殺傷事件。20人以上に傷害行為を行い、うち2名の命を奪ってあっさり自殺した岩崎隆一(51歳)は、ニート(引きこもり)だったと報道されています。ニートがこのような陰惨で爆発的な行動を起こすことは、これからも起きるかも知れません。岩崎が頼っていたのは、80代の叔父叔母夫婦でした。この事例も「8050問題」の表れの一例でしょうね。





今日の一品


@ラム・卵・ニラ炒め


f:id:iirei:20190611053008j:plain


弟作。スタミナが付きそうな食材の組み合わせ。味付けは昆布つゆ(ヤマサ)、コチュジャン

 (2019.06.05)



@梅酒


f:id:iirei:20190611053111j:plain


やはり果実酒の王様、梅酒。今年は1.5kgくらいの群馬県産梅を使いました。(群馬県は梅の産地として和歌山県に次ぐ全国第2位の出荷量です。)青梅なのに赤い実も入っている変った実でした。
1.5kgの青梅、2lくらいの35度ホワイトリカー、砂糖150g位。半年もすれば飲めるでしょう。なお、漬ける前に2日ほど実を凍らせました。組織が壊れ、エキスが出やすくなるという情報をキャッチしたので。

 ‘2019.06.07)



@鯛の醤油汁


f:id:iirei:20190611053159j:plain


鯛は「魚の王」と称されることもあり、捨てるところがありません。今晩は安売り・半頭40円弱の鯛の頭を煮て、醤油、ネギ、山椒で味付け、香付けしました。実に経済的かつ美味です。

 (2019.06.09)





今日の詩


@アナフィレクシー・ショック


今日昼下がり
木々に絡みつくヤブガラシ
刈っていた。


無心に作業していたところ
ピキッと痛みが走った。
左手の薬指の先端。


刺したのはたぶんミツバチ。
特にスズメバチに多いが
2度目に刺されると


アナフィレクシー・ショックが心配される。
体の免疫系が過剰反応し
ショック死することがある。


私は以前30年ほど前に
スズメバチの手荒い洗礼を受けている。
時間が空いていてもショック死はありうる。


今は刺されて4時間ほどになるが
たまにチクッとする以外特に異常は出ていない。
――命拾いか。

 (2019.06.08)





今日の四句


ペチュニア
アカバナユウゲショウ
仲良くね。


f:id:iirei:20190611053254j:plain


アカバナユウゲショウのほうは、目立ちませんでした。


f:id:iirei:20190611053349j:plain


:2016年の年賀状

 (2019.06.05)



梔子(クチナシ)の
白花咲けり
バニラ香


f:id:iirei:20190611053445j:plain


見た目も香りも一級品な花木(果樹でもある)・クチナシ。今年は巧く写真が撮れました。

 (2019.06.06)



取水口
勢い威く(たけく)
ほとばしる


f:id:iirei:20190611053551j:plain


このような水資源があるかぎり、農業は死なない。

 (2019.06.07)



梅雨に入り
流れ濁るる
放水路


f:id:iirei:20190611053706j:plain


 (2019.06.08)

「♪戦(いくさ)がやってきた」:何故アメリカ軍と言わない?

「♪戦(いくさ)がやってきた」:何故アメリカ軍と言わない?

表題「♪戦(いくさ)がやってきた」は「さとうきび畑」(森山良子)の一節ですが、私にはよく解らないです。戦とは「人間」なのでしょうか?常識的には、戦争は人間や物ではなく、「事柄」「事態」なのではないでしょうか?まあ、これを擬人化して「戦争の神」「死に神」とすれば、戦争は人格を持つでしょうが、このブログではその種の解釈はしないことにします。


そのように戦争を扱ったアニメ映画作品もあります。「クロがいた夏」。これは「はだしのゲン」の作者:中沢啓治さんがプロデュースした佳作です。原爆から飼い主の女の子を救った子猫:クロのお話でしたが、このアニメ映画の終わりに「戦争のバカ野郎!」と叫ぶシーンが出てきます。原爆を落とされた広島、そしてカケガエのない子猫:クロの命を奪ったのは戦争(という事態)ではなく、アメリカ軍なのですから、この場合「アメリカのバカ野郎!」と叫ぶのが妥当なのだと思うのです。


一昨年、中ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」では、もちょっと進んで、アメリカ軍の飛行機(爆撃機)について「敵機」と呼んでいます。「アメリカ軍機」と呼ぶのにもう一息ですが、敵国を明示していません。


https://iirei.hatenablog.com/entry/20181027/1540572077

 :「この世界の片隅に」:戦争が人を成長させる??



このように、アメリカを戦争に置き換える心性はどこから来たのでしょうか?ある方の説として、日本の下層階級は、国防・軍事についてよく知らされておらず、「アメリカが」と言われても、よく理解できなかったのだろう、と言うのですね。


この見解については、異論があります。『ミカドの肖像』(猪瀬直樹)によると、右翼の男が農夫2人の会話を小耳に挟んだお話として、「いよいよアメリカと戦争だな。」「やればいいさね。もし勝ったら一杯ふんだくる。負けたって、アメリカはロシアほど酷いことはするまい。」「日本は、アメリカの属州になったら良いではないか。」・・・と言っていたというのですね。


知人の説を覆すほど、この「下層階級」の2人は、対アメリカ戦に冷静な視点を持っていたことに驚きを禁じ得ません。庶民の視点は、これほど透徹していたのです。「鬼畜米英」というキャッチ・フレーズにしても(まあ、これは日本の上層部の造語なのでしょうが)、額面どおり受け止めて「国を憂う」といったような人たちばかりではなかったと考えられます。


ところで、日本にとってアメリカとはどんな国なのでしょう。帝国主義的膨張を続ける日本は、ある意味、アメリカにとって、「目障り」な新興国家でした。逆に言えば、アメリカは日本にとっても、「目障り」な先進国だったのでした。一触即発な両国・・・太平洋戦争は不可避な事態であったと言えると思います。


ただ、そのあと、日本が敗戦してからが問題だと思います。日本人はアメリカに対する敵愾心を失い、GHQの言いなりになりました。その長のマッカーサーが「日本人は精神年齢が13歳だ」といいように放言しても、卑屈で柔順になった日本人は、その侮辱的な言葉をも甘受したのでしょう。大物ぶっていた吉田茂も、結局はGHQには卑屈な態度を取りました。吉田の進める戦後復興は、つまりはアメリカを利する枠のなかで行われたものでした。その意味で、戦後生まれた芸術作品にも、このブログの劈頭に挙げたおかしな言葉使いを使うという風があるのだと思います。「名前を挙げるのさえ、恐れ多い」という自主規制なのですね。アメリカ様にはノータッチ。アンタッチャブル



今日のひと言:アメリカは、その後も、日本に圧力を掛けてきました。だいたいアメリカ通商代表部から「命令」が降りるのですが、本来1本でよい「本四架橋」を3本も作ったのは、「内需を拡大せよ」(アメリカは日本との貿易摩擦でいらいらしたころです)という絶対服従を迫る「神の声」が下ったからです。今日本では、あのような馬鹿げた大工事を行ったツケもあり、首が回りません。


今回のブログは、「アメリカ→戦、戦争」の言いかえの奇妙さに思いを馳せて、その異常さを書いたもので、私はもう一度、(アメリカないしそのほかの国)と戦争をすべきだ、などと言っているのではありません。この辺、「第二次日露戦争」を口走った維新の丸山穂高衆議院議員とは違います。仮にロシアと日本が戦争したら、日本は北海道はもとより本州北半分を失うでしょう。


参考過去ログ


http://d.hatena.ne.jp/iirei/20090322#1237699341

  :狂の時代・・・一枚の写真(天皇マッカーサー


http://d.hatena.ne.jp/iirei/20120424#1335262538

   :GHQは何をしたのか、しなかったのか?


http://d.hatena.ne.jp/iirei/20070530#1319948325

    :3つのルート




クロがいた夏 [DVD]

クロがいた夏 [DVD]

さとうきび畑

さとうきび畑





今日の一品


@シイタケのアヒージョ


f:id:iirei:20190605161044j:plain


アヒージョはこれまでも作りましたが、シイタケは盲点で、作ったことがありませんでした。オリーブオイルをフライパンに敷き、刻みニンニクを軽く炒め、いしづきを取り半分に切ったシイタケを投入、塩、刻みトウガラシを入れて仕上げます。まずまずの味。

 (2019.05.31)



@麦門冬(ばくもんどう)のホワイトリカー漬け


f:id:iirei:20190605161128j:plain


自宅に生えるリュウノヒゲ(またの名:ジャノヒゲ)(:キジカクシ科)の根かいを漬けたことがありますが、今回は漢方薬局から乾燥品を360円(30g)で買ってきて漬けました。味が良く、また喉の疾患に効くらしいです。麦門冬30gに、15gくらいの砂糖、3倍の量のホワイトリカー(35度)。


Wikiでは「バクモンドウ(麦門冬)は、ジャノヒゲの根である。所々太く、紡錘形である。
日本薬局方に収録の生薬である。鎮咳・強壮などに用いる。麦門冬湯(ばくもんどうとう)、清肺湯(せいはいとう)などの漢方方剤に使われる。 」・・・とされます。

 (2019.05.31)



@大根スプラウトとシラスの和え物


f:id:iirei:20190605161225j:plain


近いうちに自家製スプラウトについてアップしますが、今回は中国野菜(江都青長大根)をスプラウトにし、シラス干しと和えました。ピリっとくる辛みが美味しい。

 (2019.06.02)



@鶏モモ肉の味噌ソース掛け


f:id:iirei:20190605161314j:plain


弟作。茹でたモモ肉に、「味噌、砂糖、すりごま、バター」の合わせソースを掛けました。味噌とバターが効いています。

 (2019.06.02)






今日の四句


タチアオイ
ホーリーホック
水戸の花


f:id:iirei:20190605161409j:plain


もっとも、徳川家の家紋は、アオイ科ではなくウマノスズクサ科の植物がモデルです。

 (2019.05.30)



今年また
畑返えせる
農夫あり


f:id:iirei:20190605161456j:plain


地主から畑を借りて耕作に勤しむ人たち。高齢のため止める人が多く、淋しいです。

 (2019.05.31)



用水路
流すは他に
人や花


f:id:iirei:20190605161548j:plain


ちょっとこの写真に不吉さを感じました。流されていたのは「クサノオウ」。

 (2019.06.01)



麦と稲
ツートンカラー
期せずして


f:id:iirei:20190605161631j:plain


麦を刈り取るのが早い農家と、遅い農家で、麦と稲が混在するのです。

 (2019.06.02)

知人にプレゼントした「ロシア五人組」の音楽CD:名曲ぞろい

知人にプレゼントした「ロシア五人組」の音楽CD:名曲ぞろい

以下はこのブログの題名のごとく、知人に差し上げたCDについての解説です。(この曲たちの収録されたCDは複数枚持っていたので、そのうち一枚を差し上げた、という次第です。)


CD(ロシア音楽)


Kさま

1.若い王子と王女

リムスキー=コルサコフ作。この人は元海軍軍人。
4曲からなる「シェエラザード組曲」の3曲目。
私はこの曲の出だしの10秒くらいが特に好きで、
「豊かな実り」を感じます。


2.ダッタン人の踊り (韃靼人の踊り)

化学者・ボロディン作曲。
友人のリムスキー=コルサコフ
ボロディンの死のあとを受け、完成。
ロシアの貴族イーゴリ公が、
遊牧民族であるダッタン人にとらえられ、彼らの
もてなしとして踊りを見せられます。
この曲に私は「宇宙」を感じました。


(いずれも10分超の大曲です。)

 2018.05.14        森下礼

プレゼントしたのはユージン・オーマンディ指揮・フィラデルフィア管弦楽団の作品ですが、特に彼に聴いてほしかった2曲の実際をユーチューブから引いてみます。(演奏するユニットが、差し上げたCDとはそれぞれ違います)


若い王子と王女

https://youtu.be/vwcOsn3N0gY



ダッタン人の踊り 

https://youtu.be/DJdAOXoaT1k


(どちらも、URLをクリックしてみてください。)

ボロディンリムスキー=コルサコフは、いわゆる「ロシア5人組」のメンバーです。この集団については以下を参考にしてください。


参考過去ログ  

http://d.hatena.ne.jp/iirei/20090411#1239428428

 :ロシア五人組の音楽・・・曲への愛


リムスキー=コルサコフについて、wikiより

作風と後世への影響


華やかだが客観的で簡潔な作風と言われる。ロシアの民謡・文学を題材にした作品が多い。管弦楽法の大家として知られ、その理論書である「管弦楽法原理」といった実践理論に関する著作をいくつか残し、なかでも和声学の教科書は日本でも広く知られた。海軍士官としての経験もあることから海の描写を得意としたことでも有名で、歌劇《サトコ》や交響組曲《シェヘラザード》には、航海の場面が含まれている。

ムソルグスキー交響詩《禿山の一夜》や歌劇《ホヴァーンシチナ》、歌劇《ボリス・ゴドゥノフ》、ボロディンの歌劇《イーゴリ公》など、彼らの死後に残された未完成作品のみならず、生前に完成された作品の補筆・改訂をも行なった。ただし、オリジナル作品の、現在では「斬新」「独創的」とされる部分を「未熟」と判断して常識的なスタイルに直してしまうような面もあり、これには批判もある。



ボロディンについても、wikiから

作風と影響
ボロディンの作品は、力強い叙事詩的性格と豊かな和声が特色である。名高い「ロシア五人組」の同人として、ロシア的な要素は否定すべくもない。情熱的な音楽表現や比類のない和声法は、ドビュッシーラヴェルといったフランスの作曲家にも影響を与えた。また、同世代のロシア人作曲家の中では、自然にポリフォニーを扱う能力でも際立っている。交響曲弦楽四重奏曲スケルツォ楽章は、ボロディンメンデルスゾーンの作風を熟知していたことをうかがわせる。また、第1主題と第2主題との間に明確な対照性を与えず、それらに関連した要素を配置していく手法は、後の時代のシベリウスを予感させ、西欧的な二元性とは異なった思想基盤が表れている。

ボロディン弦楽四重奏団は、ボロディンの功労にちなんでいる。1954年にはトニー賞を授与された。これは、ボロディンの数々の作品を改作して創られたミュージカル『キスメット』の成功を評しての受賞であった。



今日のひと言:リムスキー=コルサコフは音(調性)に色彩を感じる能力があったそうですね。なお、知人は、「若い王子と王女」が良くて、温かい子守唄のようかも、といった感想を伝えてくれました。



交響組曲「シェエラザード」/第3曲:若い王子と王女

交響組曲「シェエラザード」/第3曲:若い王子と王女

ダッタン人の踊り (歌劇 「イーゴリ公」より)

ダッタン人の踊り (歌劇 「イーゴリ公」より)




今日の一品


@桑の若葉の天ぷら風


f:id:iirei:20190530052213j:plain


カイコの餌としてだけではなく、いろいろ利用範囲の広いクワ。今回は摘みたての若葉を、油を多めに敷いたフライパンで、カリカリになるように炒めます。天ぷらのような仕上がりが目標です。天使の羽衣のような食感が美味しい。

 (2019.05.26)



@ヒバ煮


f:id:iirei:20190530052304j:plain


弟作。ヒバとは乾燥小松菜のこと。一時間半ほど水に漬け、昆布だし(ヤマサ)、刻みショウガで煮、降ろす。絶妙の風味。これまでもヒバを扱ってきましたが、これがベスト。

 (2019.05.28)



ガンモドキの部長の塩昆布煮


f:id:iirei:20190530052354j:plain


スナック的に食べる「部長の塩昆布」を水に放ち、一度沸騰させてガンモドキを投入。煮込んで最後にネギ油を加え、火から降ろします。

 (2019.05.28)





今日の四句


門に咲く
小バラの香り
力あり

f:id:iirei:20190530052445j:plain


 (2019.05.25)



夏来る
チガヤの穂たち
顔を出し 


f:id:iirei:20190530052546j:plain


 (2019.05.26)



三年目
花の笑いし
ラベンダー


f:id:iirei:20190530052640j:plain


初めて育てたラベンダーの開花。うれしいなあ。

 (2019.05.28)



田のアゼに
静かに憩う
アオサギ


f:id:iirei:20190530052739j:plain


かなり大型の鳥類。周囲の物音に敏感です。遠距離からの撮影だったので、気づかれなかったのです。なお、この句、最初は「ゴイサギ」としていましたが、ヒゲボウズさんの指摘で、訂正しました。

 (2019.05.29)