虚虚実実――ウルトラバイバル

森下礼:環境問題研究家、詩人、エッセイスト。森羅万象、色々な事物を取り上げます。元元は災害に関するブログで、たとえば恋愛なども、広く言えば各人の存続問題であるという点から、災害の一種とも言える、と拡大解釈をする、と言った具合です。

ゲンノショウコ(現の証拠)の薬としての多様性:素晴らしい「副作用」

ゲンノショウコ(現の証拠)の薬としての多様性:素晴らしい「副作用」


私はここ数年来、朝の頃襲ってくる激しい下痢に悩んでいて、ヨーグルト、ビオフェルミンSなどの乳酸菌とか、消化器科で処方された神経性下痢抑制剤など、いろいろ試してみましたが、どうにも効果が少ない状態が続きました。そこで3年前くらいから、民間薬のゲンノショウコ(パック詰めで数分間、ぐつぐつと煎じて飲むタイプ)を試してみました。効果はいくらか認められ、継続して飲んだ結果、数回トイレには行くけれども、下痢便となることは回避できるようになりました。効果があったのですね。


それに加え、これも数年来悩んでいた踵(かかと)の痛いヒビ割れも収まってきたのです。ちょうど餅がひび割れるようにぱっくりと割れるこの痛みは、経験した人にしか解らないでしょう。入浴後、椅子に乗って踵を家人に向けて、硬くなった部分をカッターで切除してもらい、踵用のヤスリをかけ、ロコベースなどの塗り薬をすり込むという日常茶飯事を続けたのです。それが最近は踵の部分の凹凸が減り、入浴後ガサガサの踵にも、カッターは要らず、ヤスリで表面をこするだけで踵の皮膚が平らにならされるのですね。これは大きな進歩です。肉体的、精神的な負荷も少なくなりました。


このようになったのが、ゲンノショウコの賜物かどうかは、たまたま使用時期が重なるだけのことで、無関係だと言うことも可能だと思います。その辺りを知りたくて、ネット上で調べてみますと、以下のようなサイトに行き当たりました:


ゲンノショウコエキスについて

2013.08.05
ゲンノショウコの地上部から抽出されたエキスです。


タンニンを多く含みゲラニイン精油成分を含んでいます。


消炎効果、収斂効果、鎮静効果があるので、肌をキメ細やかなに整え、肌荒れを防ぐ目的で化粧品に幅広く使われています。


また、怪我をした時に止血し早く治す民間薬として有名です。

http://www.belle-coeur.jp/oem/ingredient_detail.php?id=221


・・・皮膚に直接エキスをつけるということと、煎じ液を飲むということに、効果として同様な仕儀が有り得るか、ということですが、私はそうだ、と思います。人体は「チクワ」のようなものであり、口:胃:腸:肛門(消化器系)は、人体でもっとも早く出来上がるもの、これらの部位は体の表面にあるとも言え、はっきり表にある皮膚と、裏に隠れてある消化器系は、「チクワの部位に例えると、同じものである」と言っても過言ではないでしょう。


その意味でゲンノショウコの効用は、下痢(場合によっては便秘)のお薬であると言うだけでなく、止血剤、皮膚の荒れにも適用できると言うことになるのではないか、と思います。薬は単一の薬効を持つだけのものではなく、副作用はだいたい付いてまわるのですが、たいていの場合、悪い作用であると相場が決まっています。ゲンノショウコの場合、「嬉しい」副作用を持つのではないか、と思います。なお、ゲンノショウコは、漢方薬ではなく、日本独自で処方される薬です。煎じ液をホットで飲めば下痢に効き、クールで飲めば便秘に効くと言われます。



今日のひと言:ゲンノショウコは、田舎では案外ありふれた草で、あちこちに生えます。草は全草薬にできる優れものです。ただ、猛毒のトリカブトなどと葉が似ているため、間違えて飲み食いすると命に関わります。花は全然違うので、花の時期に採取することが推奨されています。




f:id:iirei:20191120052033j:plain

ゲンノショウコ(葉)



f:id:iirei:20191120052138j:plain

ゲンノショウコ(花期)





新ヤマケイポケットガイド5 薬草

新ヤマケイポケットガイド5 薬草





今日の一品


チンゲンサイと豚ひき肉の炒め物


f:id:iirei:20191120052224j:plain


3個50円という低価格で入手した(無人販売所)チンゲンサイと豚ひき肉をあわせました。ひき肉はあらかじめ炒めてとっておき、ごま油を敷いたフライパンで戻した干しシイタケを炒め、4分割したチンゲンサイを厚いほうから順次炒め、ニラ、クコの実を加え、さきほどのひき肉も加え、塩とネギオイルで調味。

 (2019.11.14)



@ソース豆腐


f:id:iirei:20191120052305j:plain


以前、漫画『美味しんぼ』の「恥ずかしい食事」の回で、ご飯にソースをかけたり、醤油とバターをかけて食べたりする話がありましたが、それを参考に、ソースを豆腐にかけて食べてみました。ソースはブルドッグ中濃ソース。フルーティーで美味しかったのです。

 (2019.11.15)



@レバーとアボカドのサラダ


f:id:iirei:20191120052350j:plain


濃厚な2種の食材を合わせました。豚レバーは、近所の美味しいハム・ソーセージ屋さん(フローエンス・ゲグルンツェ:ドイツ語で、陽気な豚の鳴き声)の商品。柔らくて大変美味しいのです。これを一口大に切り、やはり一口大に切ったアボカドとまぜました。レバーの味は濃厚なので調味料は使わず。(注:スモークレバーです。)

 (2019.11.16)



@納豆、チリメンジャコ、おろし大根和え


f:id:iirei:20191120052557j:plain


納豆と、ジャコ大根をクロスオーバーしたもの。独立な2品を「むりやり」一つに合わせた意欲作。案外美味しいです。

 (2019.11.17)






今日の六句


稲の穂を
収穫せずに
打ち捨てり


f:id:iirei:20191120052653j:plain


もしかして、農家の人が高齢化して、耕作放棄した?

 (2019.11.15)



今は稀
干し柿吊るす
景色かな


f:id:iirei:20191120052753j:plain


 (2019.11.15)



天空に
有明の月
白く冴え


f:id:iirei:20191120052844j:plain


有明の月は、満月後、太陽が黄色く輝く中見える白い月のこと。

 (2019.11.16)



サツマイモ
葉がムラサキに
紅葉し


f:id:iirei:20191120052938j:plain


早く掘り出したほうがよい。

 (2019.11.18)



このロール
牛の食糧
ペロリかな


f:id:iirei:20191120053027j:plain


 (2019.11.18)



雨上がり
霧に煙るや
赤城山


f:id:iirei:20191120053115j:plain


 (2019.11.19)

倉多江美の『エスの解放』:恐るべき心理劇(マンガ)

倉多江美の『エスの解放』:恐るべき心理劇(マンガ)


私が東大マンガクラブにいた頃は、少女マンガの全盛期で、少年マンガを読む者は、除け者扱いされる雰囲気がありました。実際、梶原一騎に代表されるスポ根マンガは嘲笑の対象になったものです。私もその例に漏れず、少女マンガを読み漁りました。最も好きな少女マンガ家と言えば、倉多江美(くらた・えみ)さんにトドメをさします。1950年生まれ。


神奈川県鎌倉市に生まれ、幼稚園の頃に大阪へ移る。高校卒業後、河原デザインスクールに1年間通った後、漫画を描き始めた。1974年に『雨の日は魔法』(少女コミック増刊1月号)でデビュー。以後、同誌を中心に短編作品を数多く発表。針金のような独特の描線と、乾いたユーモアが特色で、時には哲学的なテーマも交えた作風は、少女漫画ファンのみならず、幅広い層の人気を集めた。後年は『エスの解放』『静粛に、天才只今勉強中!』などの長編作品も手がけている。


その他の代表作に『ジョジョの詩』『一万十秒物語』など。 日本テレビのドラマ「ちょっとマイウェイ」のオープニングのイラストを担当していた。

(wiki倉多江美)


彼女のマンガの描線は硬質で、モノクロームなマンガであると言えるでしょうか。色彩豊かな他の少女マンガ家とは相当に異質です。なかでも、ホラーを得意とし、『パラノイア』(コミック『五十子さんの日』所載)、『かくの如き・・・!!!』(コミック『ドーバー越えて』所載)などは、精神病を主題とし、両者とも身の毛もよだつ作品です。


そのような作品の一つに表題の『エスの解放』があります。この「エス」とはドイツ語の“es”、つまり無意識、集合無意識など、フロイトユング精神分析の用語を踏まえているのでしょう。(この単語は英語の“it”とほぼ同じ、天候や神などの言及を避けたい超越者を示すのでしょう。)この精神分析の用語をたどるように『エスの解放』は描かれています。



f:id:iirei:20191114051913j:plain

エスの解放』の表紙(アマゾンのカタログから)


ある女子高校生「河端未知子」が校舎の屋上から飛び降り自殺します。本編の主人公:“樫山めい”は、その場に居合わせ、女子高校生の自殺を目撃してしまいます。それから彼女に異変が・・・
悪夢、幻覚などを頻繁に体験するに至ります。特に「シャボン玉の中に赤ちゃんがたくさん浮かんでいる」といった夢を見たと母親に打ち明けますが、母も思い当たることがあるらしく、青くなります。ここいらはまさにミステリーと言える展開で、謎を孕んだまま話は後半に突入します。


樫山のことを気に掛ける同級生の柄谷(男子高校生)は、彼女の恐怖を取り除いてやりたいと親身に接します。だがここで決定的な事実が入ります。「樫山めい」は双子で、妹は“脳がない状態”で生まれてきて、3日後に死んだというのです。ここで樫山は過剰な反応をするのです。いわく「私は妹の脳を取りあげちゃった」。刃物で頭を抉ろうともしたりして、未遂に終わります。


めいが迷いこんだ出口のない迷宮・・・特に彼女は他人の痛み、不幸を自分に引き寄せて、自分の痛みにしてしまうという因果な(ある意味優しい)性格をしているのです。柄谷は、その怜悧な論理で、彼女を“es”から引き離そうとします。さて、その必死の説得は功を奏しますでしょうか?・・・これ以上のネタバレは控えます。(もっとも、粗筋は開示してしまいましたが・・・)



今日のひと言:このマンガの冒頭で、ある女生徒「河端未知子」が自殺したと書きましたが、この女生徒がなぜ自殺をしたのかについては語られません。実は、「物語の冒頭で男子生徒が自殺して、その謎を巡って話が進行するのは、特に同性愛がしばしば取り上げられる少女マンガの常套手段」ですが、倉多江美はその常道に従いません。ラブコメを描いた作品でも、一味違うものを描きます。『ぼさつ日記』では、男1人と女2人の「ラブコメ」が描かれますが、これは優男で頼りない男が、人間の女とも思えない2人に「脅かされる日常」が提示されています。




エスの解放 (花とゆめCOMICS 149)

エスの解放 (花とゆめCOMICS 149)

倉多江美傑作集〈2〉ぼさつ日記 (フラワーコミックス)

倉多江美傑作集〈2〉ぼさつ日記 (フラワーコミックス)




今日の一品


@シイタケうどん


f:id:iirei:20191114052003j:plain


昼食。生シイタケを少々陽に当てて、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを増やしてうどんの具にしました。陽に当てるのは、少しの時間でも良いらしいです。(ビタミンDの前駆物質「エルゴステリン」が、シイタケ、マイタケなどに多く含まれ、陽に当てるとビタミンDに変化するのです。)

 (2019.11.09)



@ふろふき大根



f:id:iirei:20191114052103j:plain


有名な料理ですが、初めて作ってみました。まず、大根を3cm厚さくらいに輪切りにし、皮を剥き、十字に隠し包丁を入れ、ラップにくるんで冷凍。翌日解凍し、水に醤油、昆布だし、オイスターソース、ナンプラーを入れて煮汁とし、保温調理鍋で30分、保温セット後2時間くらいで取り出し、ユズを散らしました。(冷凍するのは、煮汁が浸み込むのを促進するため。)

 (2019.11.09)



@ウコン酒の漬け込み


f:id:iirei:20191114052200j:plain


ほぼ毎年、ターメリック(ウコン)を栽培しては葉だけをアルコール漬け(リキュール)にしてきましたが、今年は根のほうを漬けてみました。飲み頃になるのは半年後ですが、すでに液が黄色くなってきています。

 (2019.11.10)



コールスローセリフォンスプラウト


f:id:iirei:20191114052437j:plain


キャベツのサラダに、セリフォン(中国からし菜)のスプラウト(もやし)を加え、辛さを満喫しました。

 (2019.11.11)






今日の四句


散歩道
いつもの景色
懐かしく


f:id:iirei:20191114052558j:plain


 一種のデジャビュ感でしょうか。

 (2019.11.09)



赤いバラ
季節外れの
豪放さ


f:id:iirei:20191114052708j:plain


 (2019.11.09)



ツタの葉の
壁に食い込む
寒さかな


f:id:iirei:20191114052759j:plain


 (2019.11.10)



冬の日に
ピンク咲かせる
サボテン花



f:id:iirei:20191114052900j:plain


マニアはサボテンではなくカクタスと呼びます。これは棘がなく、ウロコに覆われたような特殊なカクタス。花は一日花です。

 (2019.11.10)

真に謙虚な者は傷つくという傲慢さがない:キリスト教の言葉?

真に謙虚な者は傷つくという傲慢さがない:キリスト教の言葉?


これはある女性から伺った言葉ですが、一聴、意味が取りにくかったです。この女性はキリスト教の信者らしかったので(日系ブラジル人)、その線の言葉かと思いました。(すなわち聖書起源)


表題の言葉で言えば、「謙虚」と「傲慢」という相反する要素が綯い交ぜになっている人格を批判する言葉なのだと思います。本当に「謙虚」なら、何か人にしてあげて、相手がその意図に反する行為をしても、特に傷つかないはずですが、「傲慢」な要素が混じっていたら、大いに傷つく、と言った具合になるのだと、例の女性は言っていたのだと考えます。


考えるに、この言葉の核心は「傷つくという傲慢さがない」というあたりでしょう。この言葉に酷似している表現が、『老子』に出てきます:「仁や義を振りかざして」人を教化しようという態度が鼻につき、もし他人が聞かないようなら、振りかざす人の自尊心は大いに傷つき、その傲慢さが際立つ、といった主張です。(『老子小川環樹:訳注:38章↓)


高い「徳」のある人は、何の行動もしないでしかも何事もなされないということはない。低い「徳」の人は何か行動しても、しかもなされないことがある。高い仁愛の人は行動をしても、動機があってするのではない。高い道義の人は行動するが、動機があってするのである。もっともよく礼儀に習熟した人は行動するが、これにこたえるものがないとき、袖をまくりあげて相手を引っぱろうとする。


老子』の説では、徳>仁>義>礼というように、徳目の優劣があり、特に「礼」は最下等のものと見なされます。


これら「徳・仁・義・礼」の特質を一覧にしたのが以下の表です。


f:id:iirei:20191108161845j:plain


では実際にこの言葉は聖書に出てくるのでしょうか?検索してみると、マタイ伝、ルカ伝あたりに有りそうだったので、聖書を紐解いてみましたが、残念ながら行き着きませんでした。そこでクリスチャンであるブログ友(id:hatehei666)さんに出典の確認をお願いしました。速報・結論と2回に分けて回答を下さいました。それを引用してみようと思います。


まずお尋ねの「真に謙虚なものは傷つくという傲慢さがない」というフレーズですが、今のところマタイ、ルカ伝などの福音書になく、ほかも探していますが見つかりません。
明日似た言葉で再度検索をしてみます。(初日のメール)


いろいろ調べてみましたが、やはり見つかりませんでした。仰るとおり、聖書的な言葉ではあります。
私の教会にも似た人がいます。結構プライドが高いので、他人から何かひどい事を言われると、「傷ついた」という証をします。


でもそれは間違いで、真にイエス・キリストにつく人なら、何を言われようと自分はそのような者ですと、嗤って受け答えする事が出来るはずです。(2日目のメール)


hatehei666さん、さまざま調べて頂いて、ありがとうございます!



今日のひと言:聖書の専門家からみても、この話題の言葉は、聖書にはないということが結論になるようです。それにしても聖書的、あまりに聖書的なこの言葉、どこからきたのでしょうね。謎は深まります。その言葉を残した彼女はすぐ辞めたので、真意は訊けず仕舞でした。


ちなみに、聖書のマタイ伝と老子の類似点、その他をまとめたのが以下の過去ログです。

iirei.hatenablog.com

  :マタイ伝の言葉と老子の言葉と「21世紀の資本」:その酷似性



マタイの福音書 (ティンデル聖書注解)

マタイの福音書 (ティンデル聖書注解)




今日の一品


ターメリック(ウコン)の掘り上げ


f:id:iirei:20191108162025j:plain

立ち姿


f:id:iirei:20191108162126j:plain

葉を切ったあと


f:id:iirei:20191108162216j:plain

掘り上げたあと



ここ30年近く、毎年育てているターメリック。おおむね香りの良い葉をお酒として楽しむためホワイト・リカーに漬けてきましたが、今年は根を漬けてみます。

 (2019.11.03)



@豚ソテー・ナツメグ風味


f:id:iirei:20191108162523j:plain


ハーブの世界では、豚肉にはセージが合う、と言われますが、セージは現在切らしているので、香りの傾向がよく似ていると、ナツメグにしてみました。美味しいですね。ちなみに、「ソーセージ」は、塩(ソー)とセージを調味料として豚肉を加工するので、こう呼ばれるようになりました。

 (2019.11.04)



@カリフラワーのトマトとケチャップ煮(療養食)


f:id:iirei:20191108162634j:plain


弟作。適当な大きさに切ったカリフラワーを、トマトとケチャップで煮、塩を足しました。柔らかく出来上がっています。

 (2019.11.06)






今日の三句


群菊の
三々五々に
咲き競う


f:id:iirei:20191108162741j:plain


 (2019.11.02)



木々の間に
沈みかかるや
初冬の陽


f:id:iirei:20191108162838j:plain


 (2019.11.02)



赤い旗
フェンスに括り
威嚇(いかく)する


f:id:iirei:20191108162928j:plain


 (2019.11.07)

酸性雨とアルミニウム:ホントは怖いこの元素

酸性雨とアルミニウム:ホントは怖いこの元素


アルミニウムは原子番号13の金属元素、軽くて丈夫なので、チタン合金、ジュラルミン合金として、いろいろな工業製品に使われます。軍事利用も多いですね。この金属、発見・単離されたころは、「光輝く」と言った意味で、「光の金属:アルミニウム」と呼ばれました。(ルミエールが光と言った意味。)その手続きがなかなか難しかったので、金(ゴールド)よりも高かった一時期がありますが、大量に得られる方法(ホール・エルー法)が発明されたため、金属としての価格は暴落しました。


ところで、この金属元素は、地球にある元素では、酸素、鉄についで3番目に多いものです(→クラーク数)。多くは酸素と反応して酸化物として、地球の骨組みになります。大変安定した姿です。ところがこのアルミニウムがイオン化してAl3+(3価の陽イオン)になると、この元素は恐るべき姿を見せます。


f:id:iirei:20191102061113j:plain

ボーキサイト(アルミニウムの鉱石):wiki


以前取りざたされたことですが、3価のアルミニウムイオンは、認知症の一つ・アルツハイマー病の原因物質になるという説です。アルミ製の鍋を使うことから引き起こされるというのでした。現在では否定されていると言うか、劣勢です。私は、というと、この説についてどこか賛成する気分があるのです。私の父はアルミニウム2次精錬の会社(アルミ缶・アルミサッシの廃棄物などを集めて溶かし、再び地金にする会社)の工場長で、仕事上、たしかにアルミニウムに曝露された頻度・深度は大きいように思えるのです。むろん、父はアルツハイマー病が命取りになりました。


それで、問題は酸性雨とアルミニウムと植物(の根)。酸性雨は窒素酸化物(硝酸前駆体)、硫黄酸化物(硫酸前駆体)として葉などにダメージを与えますが、その強酸が大地に落ちて、アルミニウムが土壌からイオン化して遊離すると、今度は根に悪影響を与えるのです。
そのメカニズムは完全には解明されていませんが、どうやら根にとって大切なカルシウムの働きを、直接的でないながら、アルミニウムイオンが阻害することがあるようです。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/37/3/37_3_186/_pdf/-char/ja

 :Journal club (横田聡:東北大学農学部


それにしても、酸性雨で思い出されるのは、日本の公害の原点:足尾鉱毒事件です。銅の精錬をするために発生した強酸性のガスを、なんの処理もせずに、環境に飛び散らかした末、足尾山地の豊かな森林を枯らし、爾後100年以上経っても、森林は生えませんでしたね。いや、不屈の努力で植林する人も多いとは思いますが、多分土壌でさえ強烈なダメージを受け、土壌から正常なpH域にもどさないと完全な回復は望めないでしょう。



ところで、3価のアルミニウムは、身近なところにあります。ひとつは明礬、もう一つは硫酸バンドです。

明礬について、wikiから

ミョウバン(明礬、英: Alum)とは、1価の陽イオンの硫酸塩 と3価の金属イオンの硫酸塩 の複塩の総称である。
(中略)
単にミョウバンといった場合、硫酸カリウムアルミニウム十二水和物 を示すことが多いが、このほかにも鉄ミョウバンアンモニウムミョウバンなどがあり、混同を避けるためにしばしばカリミョウバンまたはカリウムミョウバンと呼ばれる。特に、カリミョウバンの無水物を焼きミョウバンといい、食品添加物として乾物屋などで販売している。

硫酸バンド(硫酸アルミニウム)について(wiki)

硫酸アルミニウム(りゅうさんアルミニウム、Aluminum sulfate)はアルミニウムの硫酸塩で、化学式 Al2(SO4)3•16H2O で表される無機化合物。
(中略)
水の浄化剤(凝集剤)、食品添加物、皮なめし剤、媒染剤、レーキ顔料の製造、製紙用の定着剤(歩留向上剤)やピッチコントロール剤、医薬(収斂剤)などに広く用いられているほか、化学泡消火器、コンクリートの硬化促進剤や殺ナメクジ剤などにも使用される。


製紙用薬品として重要であるが、硫酸アルミニウムを使用した紙には硫酸根が残り、これによって紙の酸性度が高まるため酸性紙と呼ばれ、数十年で劣化しやすく、長期保存上の問題が生じることがあるほか、塗工紙をリサイクルして原料とした場合、表面に塗工されている炭酸カルシウムと反応して硫酸カルシウムが生じ、装置にスケールと呼ばれる石膏状の付着物を生じさせる問題もある。

明礬はナスの漬物に鮮やかなムラサキ色を残させる食品添加物であり、硫酸バンドは、浄水場での水処理過程で、原水に含まれる懸濁物を沈殿させるために使用されます。いずれの物質も、3価のアルミニウムを含む点、私は気になるのですが――(私だけかな?)




今日のひと言:日本の通貨の最小額面の通貨は、言わずと知れた1円玉、材料はアルミニウムで、ほかの硬貨にはアルミニウムは使われていません。この1円玉、描いてあるのは「招魂の木:うがたまのき」で、これは先の戦争で亡くなった人たちの霊魂を呼び寄せ、鎮魂すると言った意味があるようです。通貨の発行者は、なにも考えずに発行するというタワケではないようです。


ちなみに、私と弟の代から無宗教にしましたが、とりあえず亡くなった父のため、神道風の贈り名を考えました。「光兼の命:ひかりかねのみこと」、アルミニウム工場に人生を賭けた父へのオマージュとして、この「光る金属:アルミニウム」を意味する贈り名を捧げました。ついでに、私と弟は、贈り名さえ要らず、大学病院の「献体」に「むくろ」(死体)を提供することになっています。



アルミニウムのおはなし (おはなし科学・技術シリーズ)

アルミニウムのおはなし (おはなし科学・技術シリーズ)

酸性雨から越境大気汚染へ (気象ブックス)

酸性雨から越境大気汚染へ (気象ブックス)




今日の一品


@チリメンジャコの大根おろし


f:id:iirei:20191102061231j:plain


定番料理。チリメンジャコのたんぱく質、大根の消化酵素(ジアスターゼ)を同時に摂れる料理。弟の療養食としても最適です。

 (2019.10.27)



エゴマ穂乗せ豆腐


f:id:iirei:20191102061333j:plain


シソの穂(穂ジソ)とおなじようにエゴマの穂を取ってきて、とうふに乗せ、醤油。
その簡単さには感嘆します。

 (2019,10.28)



@焼きうどん


f:id:iirei:20191102061513j:plain


昼食。シイタケ(冬菇)、キャベツ、豚肉細切れ(少々)を炒め、うどんも加え、炒めて、仕上げに中濃ソース、ゆず、七味唐辛子。簡単で美味しく、腹がくちくなります。

 (2019.11.01)





今日の四句


パンケーキ
焼く香りあり
平和知る

 (2019.10.27)



いつの間に
赤くなりしか
ピラカンサ


f:id:iirei:20191102061702j:plain


 (2019.10.27)



既に早
花の準備か
ヒガンバナ


f:id:iirei:20191102061859j:plain


花後、いちはやく生えてくる葉っぱたち。

 (2019.10.27)



針のごと
天を衝くなり
マッソニア


f:id:iirei:20191102061954j:plain


この植物(マッソニア・ロンギペス)はヒガンバナ科の草ですが、葉っぱが2枚だけの植物です。かれこれ20数年栽培しています。

 (2019.10.29)

『今昔物語集』:芥川龍之介が発掘したリアリスティックな説話文学

今昔物語集』:芥川龍之介が発掘したリアリスティックな説話文学


芥川龍之介は、彼の文壇デビュー作として、『芋粥』(もしくは『鼻』:どっちだったか忘れてしまいました)をものし、この短編は夏目漱石に激賞され、「こんな作品を1ダースも書けば、文壇で類の無い作家になれます」との評を引き出しました。そんな作品として、『羅生門』なども挙げられます。


これらの芥川作品のイマジネーションの元となったのは平安時代後期に成立した『今昔物語集』(こんじゃくものがたりしゅう)です。これはたくさんの短い物語を、一定の配列の意図の本に纏めたリアリスティックな物語集――「説話文学」です。この本のあと、『宇治拾遺物語』、『古今著聞集』、『沙石集』などの説話文学が次々に編纂されるわけです。



f:id:iirei:20191027064818j:plain

芥川龍之介(wiki)


さて、私は、芥川のように原文を読んで意味が取れるのでも、その物語に一定の視線からスパイスを振るほどの文才もありません。多分、岩波文庫などの本格的な訳注付きの本でも読めないでしょう。では、どうするか・・・私は図書館のYA(ヤング・アダルト)コーナーにあるだろうと思い、検索してみましたが、引っかかったのは『今昔物語集』(令丈ヒロ子:著;つだなおこ:挿絵/岩崎書店)でした。この本、実はYAコーナーではなく、児童書のコーナーにあったのです!!


児童書、この本を読んで見ると、大人の私が読んで、理解できるのは当然として、中学生は多分読みこなせて、小学生でも、読める子がいるだろうと思います。難しい古典を難しいままで訳注するより、解りやすくする方が当然難しいわけで、令丈さんは、うまく物語をリライトしていると思います。いわゆる「超訳本」はもとの作品の価値を著しく損ねる場合が多いですが、令丈さんはうまく訳しているのです。


収録された作品は、17話と少なめです。本来の今昔物語集は30巻にも及ぶ大部なものですので、全てを全て取り上げるのは大変だと思います。いくら易しく書いたとしても、人には人のキャパシティがありますから。


芋粥』。利人(としひと)将軍が五位という(身分の)男に、芋粥をたらふく食わせるというお話ですが、芥川はここに、「憧れていたもの(芋粥)が手に入ると、案外失望する」という解釈を加えていますが、これは現代人式の解釈で、本編ではありがたく頂くことになっています。この訳文、面白いのは話の進行が3名の女性の噂話に拠っていることです。口さがない女性の噂話となっていることが令丈さんの工夫なのでしょう。それで、現代人の私は、芋粥というと、サツマイモとかジャガイモとかの粥を連想しますが、平安時代にはこの舶来品がないため、ヤマイモ、サトイモを粥にするのが、このころの普通の食卓であったと思います。


『安義橋の鬼』。これは怖いお話でした。夜な夜な安義橋に鬼が出て、道行く人を食べるという噂を聞きつけ、腕自慢の武士が肝試しに出向きました。果たして橋には人影があり、近づいてみると、うら若き女性が泣いている。でも、これは鬼かも知れないと、馬を飛ばすと、その女は、一つ目で、三本指をした恐ろしい姿を現すのです。なんとか苦境を抜けた武士でした。ところがある晩、物忌みをして鬼の攻撃をかわすべきだった時、弟が訪ねてきます。さすがに屋敷に通すのでしたが、突然弟は鬼に変身し、取っ組み合いの挙句、鬼は武士の首を噛み切り、殺害し、「やったぜ!!」という乗りで消えます。この時代の鬼は、我々が「棍棒、虎の皮のパンツ、角」とイメージするより変幻自在で、神に近い超自然的な存在であったのか、と思われます。なお、この取っ組み合いの際、武士が「刀をよこせ」と妻に言うのですが、彼女は鬼が弟に化けて夫を襲っていることが理解できずに、「弟となんで戦うのか」と狼狽えるばかりで、みすみす鬼に夫を殺されてしまいます。



今日のひと言:悪鬼が出て来るような怪談話などがあるかと思えば、「わらしべ長者」のように夢のある有名な説話もあり、『今昔物語集』はイマジネーションを刺激する宝石庫であると言えるでしょう。令丈さんは、この大部な作品のサンプル集を作ったのだと思います。


芥川龍之介に関する過去ログ(ほんの一部)


iirei.hatenablog.com


iirei.hatenablog.com


iirei.hatenablog.com



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

芥川龍之介ーその歴史小説と「今昔物語

芥川龍之介ーその歴史小説と「今昔物語





今日の一品


@野菜のトマト煮(療養食1)


f:id:iirei:20191027064955j:plain



最近(10月17日)病院から退院した弟が作った一品。直腸ガンで腸の一部を切り、縫い合わせたばかりで退院させられ、自分でガイドラインに従って料理を作っています。多すぎる植物繊維、油っぽいものは避けています。

 (2019.10.21)



@人参グラッセ(療養食2)



f:id:iirei:20191027065049j:plain


弟作。人参の皮を剥き、乱切りにして、砂糖、少々の塩で煮含めました。刺激は避けるため、シナモンなども入れません。これは私も食べました。

 (2019.10.23)


@白ブナシメジとキャベツのナンプラー炒め



f:id:iirei:20191027065154j:plain


キノコの白さを大事にするため、色の濃い調味料は避け、塩、ナンプラー、ネギ油、ラー油を入れ、最後にオレガノを振りました。この料理は私専用。

 (2019.10.23)






今日の三句


なまめかし
アワダチソウの
黄花かな 


f:id:iirei:20191027065328j:plain


正式名称は、セイタカアワダチソウです。

 (2019.10.20)



ドテカボチャ
一株一個
付いてくる


f:id:iirei:20191027065423j:plain


我が家の庭でこぼれ種から生えてくるのです。

 (2019.10.20)



榧(かや)の実の
油搾れる
美味そうだ


f:id:iirei:20191027065532j:plain


榧の木は、群馬県福島県辺りを北限とする針葉樹。実から採れる油は、食用油、工芸品用油に出来ます。

 (2019.10.26)

言葉2題:「目障り:目ざわり」&「茶化す」「お茶の子さいさい」

言葉2題:「目障り:目ざわり」&「茶化す」「お茶の子さいさい」

今日は、「目障り:めざわり」など、五感上不快な意味を持つ言葉について考えてみようと思います。後半は「お茶」に関する話題です。


目・耳・鼻・口・皮膚などの五感について、「さわり」「あたり」「突く」などの言葉を割り振り、一覧表を作ってみました。


f:id:iirei:20191021004437j:plain


この表について。「不快」を意味する言葉で分類したのですが、そのためか「良い」イメージに該当する感覚はありませんでした。「さわり」「突く」というイメージでは目・耳・鼻は極めて「悪い」意味を持ちます。一方、口・皮膚は場合によって良くも悪くもなる感じです。知覚する対象によるのですね。比べてみて解ったのですが、「さわり」と一緒くたにせずに考えると「障り」と「触り」の2通り考えられます。「障り」の場合は必ず悪い意味ですが、「触り」は善悪、文脈によってどちらの意味にも取れるのですね。鼻については中立というか、「障り」という意味は持っていないと思っていましたが、「(あまりの悪臭が)鼻を突く」というような「不快」表現があることに思いを致し、鼻にも「障り」があるのだと納得しました。


あとで気づいたことですが、イヤミ=キザについても、以下のように考えられるようです。


き‐ざ【気障】

(「きざわり」の略)

心にかかり、苦になること。心配。誹風柳多留[5]「あたらしい通ひに―な引き残り」

服装・態度・行動などが気取っていて、人に不快や反感を感じさせること。いやみ。「―な奴」


広辞苑第六版より


キザは、目とか耳というより、第六感で感じる不快さ――「気」に触れるといった意味で、ちょっと異質とも言えますが、似たような同類の言葉であると考えます。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@



「茶化す」については


[動サ五(四)]《「ちゃ」は「ちゃらつく」などの「ちゃ」と同じか。「茶化す」は当て字》
1まじめな話を冗談めかしてしまう。茶にする。「―・さないでまじめに聞きなさい」
2一杯くわせる。だます。
「人魚は人を―・すなり」〈風来六部集・放屁論後編〉

https://kotobank.jp/word/%E8%8C%B6%E5%8C%96%E3%81%99-566622


「ちゃらつく」、歌手(女性)のchara(「手をつなごう」などをヒットさせた)が、この通りに自分を称し、「ちゃらちゃらしているから芸名にした」、としていたのが印象的でした。「茶にする」こと、茶道の大成者:千利休が行っていたのは、身分や思想は脇に置いて、主・客の「一期一会」の出会いと交歓を旨とする体の芸術でした。「茶にする」、これはこれでスゴイ言葉かも知れません。


「おちゃのこさいさい」について

【おちゃのこさいさいの語源・由来】おちゃのこさいさいの「おちゃのこ(お茶の子)」とはお茶に添えて出される茶菓子のことで、簡単に食べられることから簡単にできる喩えとなった。 また、朝食の前に食べる「茶粥」のことを「お茶の子」と言う地方があり、そこから「朝飯前」の意味になったとする説もある。

gogen-allguide.com/o/otyanoko.html


お茶の子さいさい、簡単に食べられるお菓子ということですが、茶菓子は、和菓子職人が贅を極めて作り出す芸術品であり、かつてのNHK朝ドラの「あすか」では、和菓子に命を懸ける女性和菓子職人(竹内結子:演じる)が取り上げられていました。総じて、茶道はある意味、贅沢な趣味人と権力者の出会いの場であろうということでしょうか。(例:千利休豊臣秀吉



今日のひと言:日本語は柔軟な言語である故、その分、意味不明ないし語源がさっぱりわからぬという言葉が多くあります。一つ一つ、自分なりに探究して行こうと思います。(最近気になっているのが「くちびる」。「くち」はともかく「びる」ってなんなのでしょう?)




ボディ・ランゲージ解読法

ボディ・ランゲージ解読法




今日の一品


@マイタケ、ダイズの炊き込みご飯


f:id:iirei:20191021004549j:plain


特に説明は要らないでしょう。タレはヤマサの昆布だし。

 (2019.10.15)



@マイタケと生キクラゲのアヒージョ


f:id:iirei:20191021004650j:plain


2種類の「変わった」キノコを、アヒージョにしました。アヒージョは食材とニンニク、オリーブオイルで作るスペインの炒め物です。生キクラゲ(木耳)は、とても陸上の産品とは思えないキノコです。

 (2019.10.16)




@ヒラスの白砂青松焼き


f:id:iirei:20191021004753j:plain


ヒラスはスズキ目アジ科の魚。知名度は低いが味は良いです(小骨が多いですが)。今回は塩焼き、バジルソースをかけました。ヒラスの白にバジルソールの緑色が映えます。

 (2019.10.17)





今日の詩


@台風19号後の稲


台風通過後初めて散歩
意外にも
多くの稲は
しっかり立っていた。



f:id:iirei:20191021004848j:plain

(正常)


19号が雨台風であったことが解る
見た限り倒伏した田が1枚
台風襲来の前に
刈り取ったと思われる田が2、3枚



f:id:iirei:20191021004934j:plain

(倒伏)



f:id:iirei:20191021005024j:plain

(刈り取り済)


機を見るに敏、
しかし倉庫を水が襲ったなら
オジャンだ。
なんて厳しき自然。

 (2019.10.17)





今日の三句


並び居り
黄金かざす
柿の森


f:id:iirei:20191021005127j:plain


 (2019.10.15)



見捨てられ
育つパクチョイ
伸びやかに


f:id:iirei:20191021005218j:plain


今年から耕作をやめた畑にひとり育つパクチョイ(青梗菜:ちんげんさい)。

 (2019.10.19)



これまでは
目にしなかりし
河原石


f:id:iirei:20191021005326j:plain



台風19号の影響で泥が流れたか?

 (2019.10.19)

油団(ゆとん、ゆたん)の優雅:和紙の応用の多様さ

油団(ゆとん、ゆたん)の優雅:和紙の応用の多様さ


2019年8月13日、テレビ朝日系のスーパーJチャンネルで取り上げられていたこの物体、和紙の用途の広さを物語るものでした。どういったものかをwikiで引いてみると、


油団(ゆとん、ゆたん)は、日本の伝統工芸品の一つで、敷物として使われる。
幾重にも貼り重ねた和紙の表面に荏胡麻油を、裏面に柿渋を塗って作られる(漆が用いられることもある)。
暑さをしのぐため、夏場に畳の上に敷く(俳句の夏の季語にもなっている)。100年以上使い続けることができる場合もある。手や裸足で触れると、ひんやりした感じがある。汗を吸収する際の気化熱の作用が冷感をもたらすのではないかと推測されている。幕末にイギリスの駐日公使を務めたハリー・パークスが興味を抱いて持ち帰った切れ端がヴィクトリア&アルバート博物館に保管されている。
秋になると巻いて、土蔵などに仕舞われる。1枚の油団を仕上げるのに上質な和紙を15~20層分使い、和紙を1枚貼る度に打ち刷毛で叩く。8畳のもので約1万回叩かれ、3~4ミリメートルの薄さになる。作っているのは福井県鯖江市の表具店「紅屋紅陽堂」のみである。

・・・とありました。私自身、紙漉き屋(かみすきや)さんになりたかった時期があり、それは情けなくも叶わぬ夢でしたが、「和紙」に関することにおいては、いまでもアンテナを立て続けています。石州半紙(島根県三隅町)の西田さんが開発した、和紙にコンニャク粉を塗って表面を強化して、座布団にした作品にはたいそう感動し、購入しました。(そう20年以上前、西日本の紙漉き屋さんを巡るツアーを自分で企画し、3軒の紙漉き屋さんを訪ねたのです。)


https://youtu.be/GtjTz9k9fzw

 :油団(FNN)


油団の場合もその伝で、大層興味を持ったのです。私自身、山暮らしをしていた頃、紙の原料:コウゾと、杉の皮を混ぜ、簾の子の上に、五角形とか六角芒星の形にくりぬいた表面が平滑なベニア板を乗せ、その形にのみ簾の子上に紙料が集ることを利用して、それらの形を漉き、何枚か貼り付けてコースターにしたことがあります。買い手もついたんですよ。


透かし入りの半紙も漉いたことがあります。龍とか牛とかの動物をあしらいました。ただ、透かしが凸状になるものは法律で禁止されていますから、全て凹状のものでした。



f:id:iirei:20191015172126j:plain


紙漉きの様子(ハガキ)


最近は、良い乾燥板の手配が出来ず、思うように乾燥させられないので、紙漉きはやっていませんが、年賀状には愛媛県四国中央市の紙漉き屋さん(宇田秀行さん)の製品を取り寄せ、植物の水彩画をPCに取り込み、加工してプリントしています。評判は良いです。


油団について補足すると、紙に塗る油・・・荏胡麻油(えごまあぶら)は、室町時代くらいには、燈明用の油として重宝されたものなのです。戦国時代の斎藤道三は、美濃の大名となる前には油売りをしていて、売っていたのが荏胡麻油でした。現在では、健康志向の世相もあって、食用オイルとして人気があります。



今日のひと言;以前、紙漉きについて拙ブログで取り上げたことがあります。3話で、列挙してみます。

https://iirei.hatenablog.com/entry/20060331

紙すきとチャーハン

https://iirei.hatenablog.com/entry/20060406

紙すきと環境科学分析

https://iirei.hatenablog.com/entry/20060414

紙すきの精神的側面


以上です。




紙の手技 紙漉きの匠 白石和紙遠藤忠雄 【文化伝承叢書1】

紙の手技 紙漉きの匠 白石和紙遠藤忠雄 【文化伝承叢書1】

紙すきセット(ハガキサイズ)

紙すきセット(ハガキサイズ)




今日の一品


@ナスとオクラの煮物


f:id:iirei:20191015172305j:plain


この2つの野菜を煮合わせました。どっちも加熱すると、美味しい風味があります。特にオクラは粘りが保持されていて美味しいです。チキンコンソメ2個、塩で30分ほど茹で、仕上げにオレガノを振ります。(ナスはあらかじめ水に漬け、アクを除きます。)

 (2019.10.09)



@アズキスプラウトのオジヤ


f:id:iirei:20191015172411j:plain

スプラウト(もやし)


f:id:iirei:20191015172513j:plain


オジヤは、すでに炊き上がったご飯から作り、カユは生米から作ります。アズキスプラウトは、農薬不使用と明示してある種から「おうちでベジ」(タキイ種苗)で育成。鍋にスプラウトを入れ、昆布だし(ヤマサ)と水を合わせて、20分くらい煮たところに炊いたご飯を入れ、5、6分加熱しました。まあまあかな。

 (2019.10.10)



@刻み「すぐき菜」入りカルボナーラ・スパゲティ


f:id:iirei:20191015172657j:plain


アクセントとして、普通のカルボナーラに、間引き菜のすぐき菜を軽くゆで、混ぜました。ソースは市販品。

 (2019.10.13)



なると金時石焼き芋


f:id:iirei:20191015172751j:plain


徳島産のサツマイモ。オーブントースターで美味しい石焼き芋ができます。入りやすく切ったサツマイモを標準240度、60分を目安にトースターに入れます。(我が家の機械は最大30分なので、2回に分けます。イモの大小、機械の具合によって、温度設定、時間設定は変わるかも知れません。美味しいですよ。

 (2019.10.14)






今日の詩


雲南百薬(うんなんひゃくやく)


中国原産に思えるが
中南米がふるさと。


ツルムラサキ科の野菜。
十薬(ドクダミ)のまた10倍の薬。


その栄養価は
モロヘイヤをも上回る。


秋に白い花が咲くが
香りはジャスミンに似る。


ところが種からは増えず
実る零余子(ムカゴ)で増える。


ああ、面白き
この植物。


f:id:iirei:20191015172847j:plain


 (2019.10.11)





今日の三句


門扉にて
佇む白き
蛾ありけり


f:id:iirei:20191015172952j:plain


 (2019.10.11)



二階にて
♪威風堂々
台風後


なんとか台風19号をやり過ごしました。必要な物ともども二階に持っていき、夜が明けました。
いまだ浸水の危険性があるとはいえ、さわやかな気分で、エルガーの威風堂々(第一番)を聴きました。

 (2019.10.13)



外出し
見たぞ畑が
池となり


f:id:iirei:20191015173054j:plain


持ち主、可哀そうですね。

 (2019.10.13)




今日の雑感


それにしても、国土交通省は酷いものです。ダムには水を貯めて利用する(利水)ことと、洪水の調整をする(治水)ことの、おおきく2つの役割があり、現実の運用は、利水を優先する場合が多く、いざダムの水がたまりすぎてやっと「緊急放流」と言って、大量の放水をして、下流の水が過大になりすぎ、洪水、浸水の危険に晒されることが起こります。今回も、相模川上流の城山ダムなどで実施されました。私が都市工学科・衛生工学の学生のころから、かれこれ40年も変わらない水運用です。気象庁も管轄省庁が国土交通省であり、洪水を招く行為をする役所が、天気を予報すると言った矛盾を感じます。





 (2019.10.13)

ヘルマフロディトス:アンドロギュヌス(両性具有)の周辺

ヘルマフロディトスアンドロギュヌス(両性具有)の周辺



この神は、ギリシャ神話の夥しい説話のなかでも、興味深いものの一つです。ヘルメス(商業、情報、泥棒の神)とアフロディーテ(愛、美の女神)の間に生まれた子で、大変な美少年だったと言います。この名前は、この二人の名を合成したものです(ヘルマ=アフロディーテ)その彼がどうして男女両性を持つようになったかと言うと、


ハリカルナッソス(現トルコ・ボドルム)近くのカーリアの森の泉で、ナーイアスのサルマキスと出会った。サルマキスはこの少年に対する情欲にとらわれ、彼を誘惑しようと試みたが、すげなく断られた。彼女が立ち去ったのを見たヘルマプロディートスは服を脱いで、誰もいなくなった泉へ入っていった。そのとき、木陰に隠れていたサルマキスが駆け出して泉に飛び込んだ。彼女は少年を抱きしめ、無理やりキスをしてその胸に触れた。彼は抵抗したが、彼女はどうか自分たちを離れ離れにしないで欲しいと神々に訴えた。彼女の願いは聞き届けられ、二人の体は融合して一人の両性具有者となった。

Wiki (ヘルマプロディートス)


意外にも、生まれつきの両性具有者ではなく、女性に強姦されてそうなったというのですね。この神はその両性具有の様から、過去に多くの芸術作品に取り上げられています。次に挙げる詩は、そんなものの一つです。


ヘルマフロディトス  アルベール・サマン  田中淳一


島々が姿を映している透明な多島海の方に
裸体のヘルマフロディトスは、額にジャスミンの冠戴き、
はてしない夢想にいつまでも緑の眼を凝らす。
地を這うものから享けたやわらかなうねり。


しなやかな反りぐあい、衝きでたその胸乳は
この世ならぬ婚姻の欲望をかきたてる。
巧緻にまさる形象の別世界に開花した
人の身を超えた異形の絶妙さ。


短い金髪には倒錯の魔がさまよう。
深々とした夕べとは兄弟同士、その永遠の微笑みは、
謎めいた口許にビロードの翳りをおとしてかすむ。


色白の肌の上にいとしげにたゆたっている
灼けつくような異教の太陽こそ、いつの日か汝の黄金の泡から
この異形の子を誕生させたのだった、おお、余りに先鋭な美よ!

書物の王国9 両性具有 (国書刊行会)104P-105P

美しいソネット(4行・4行・3行・3行の14行詩)です。


さて、現代でもヘルマフロディトスはいます。以前某氏が某美術短大の卒業研究のひとつを紹介していたのですが、このフィギュアは、女性の股間から「ヘビ」が「生えています!」いかにも悪趣味な造形と思われるでしょうが、この表現をした学生の想像力と論理性はスゴイと思われます。なぜなら、女性の「シンボル」は、ヘビと喩えられることがあるのです。


https://kanazawa10no3.hatenablog.com/entry/2019/02/23/171441


何となれば、漢字の「也」と言う字は、男性の「拓也」「和也」などと使われますが、語源を辿ると「也」は「平らに伸びたサソリ」もしくは「平らに伸びたヘビ」を指すというのです。これは『学研 漢和大辞典』からですが、ここでは性器のお話はオミットされています。別の複数の辞典では「女性のシンボル」をあらわすとされます。これは『大字典』(講談社)、『現代漢語例解辞典』(小学館)など。この卒業制作の作者はそれを知っていたか、または感性で辿りついたのでしょう。もちろん俗説では、ヘビは男性のシンボルにも見なされるということもあります。(むしろこっちのほうの例が多いかな。)女性のシンボルがヘビである訳は、男性のシンボルをヘビのように一思いに「呑み込む」からでしょうね。男性のシンボルなら、その形態がヘビそのものであるからでしょう。どちらも、ヘビと形容されるに相応しいですね。



f:id:iirei:20191009164452j:plain

ヘビとサソリ


非常によく似た象形文字ですが、ヘビは頭部から1本線が描かれ、これは毒牙だと思われます。サソリは頭部から2本線が出ていて、これはハサミでしょう。



今日のひと言:「也」という言葉の意味を玩味すると、一人一人の人は、男女を問わずヘルマフロディトスであるとも言えるかも知れませんね。




両性具有 (書物の王国)

両性具有 (書物の王国)

Hermaphroditos

Hermaphroditos

女性と神話―ギリシア神話にみる両性具有

女性と神話―ギリシア神話にみる両性具有




今日の一品


@マイタケとピーマン炒めオイスターソース風味


f:id:iirei:20191009164542j:plain


オリーブオイルとごま油を使い、マイタケとピーマンを炒めました。オイスターソースの他に塩、ネギオイル。なかなか美味。

 (2019.10.04)



@拡張レバニラ炒め


f:id:iirei:20191009164637j:plain


通常のレバニラ炒めに、小松菜、クコの実、卵を加えました。ほとんどの食材が「目に良い」性質を持っています。卵はあらかじめ炒めて取っておきます。フライパンにごま油を敷き、豚レバー、青物野菜、クコの実、先ほどの卵を入れ、塩、コショウで味を調えます。

 (2019.10.05)



@小松菜のお浸し・ガラムマサラ風味


f:id:iirei:20191009164809j:plain


油っぽい料理ばかり続いたので、お浸しを作りました。ポイントはガラムマサラ(辛い香辛料)。

 (2019.10.06)



@大根の一夜漬け・エゴマ風味


f:id:iirei:20191009164912j:plain


最近よく作る一夜漬けですが、今回は庭で花咲くエゴマ(荏胡麻)の穂で香りづけしました。エゴマアオジソによく似たハーブですが、少々香りが違います。韓国ではその香りが好まれます。

 (2019.10.08)






今日の五句




なにもかも
霞みて寒し
朝ぼらけ


「朝ぼらけ」=早朝。

 (2019.10.03)



背の高い
稲の株なり
酒米


f:id:iirei:20191009165025j:plain


酒用の米は、背が高い稲を使います。

 (2019.10.03)



風強し
日差しも強し
秋の朝


秋霜烈日。(検察官のバッジ)

 (2019.10,05)



水落ちた
水路を迷う
子ザリガニ


f:id:iirei:20191009165137j:plain


 (2019.10.06)



曼荼羅(まんだら)や
ハキダメギク
集合し


f:id:iirei:20191009165231j:plain


ここにも仏の世界があります。

 (2019.10.06)



猛烈でスーパー台風なみの19号、すさまじい被害が予想されます。インフラと命が無事だったら、またお会いしましょう。