虚虚実実――ウルトラバイバル

森下礼:環境問題研究家、詩人、エッセイスト:色々な事物を取り上げます。

「ギャラリーフェイク」(贋作画廊)by細野不二彦

 マンガ家の細野不二彦さんは「鬼才」です。マンガ家には、作話のために夥しい(おびただしい)取材が必要になりますが、彼はそれを見事にやってのけ、「ギャラリーフェイク」という傑作マンガを描きました。


 この作品は、贋作とあらかじめ断って贋作(にせさく)の美術品を売買する画廊の主・フジタ(藤田玲司)と、中近東の王族の娘で難民化した助手のサラ(妙齢の女性)がいろいろな事件に巻き込まれるという話で、その過程で美術に関していかほどかの知識を、読者が仕入れることができるようになっています。Wikipediaでは

漫画は1992年より『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて不定期で連載開始、2005年に連載終了。全32巻、文庫版全23巻。また、描き下ろし1話を載せた自選集が1冊出ている。第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。

表向きは贋作・レプリカ専門のアートギャラリー『ギャラリーフェイク』を舞台に、オーナー藤田玲司が、様々な登場人物と絡みながら、時に世界を駆け巡りながら、絵画、彫刻などを通じて「アートとは何か?」を問いかける。主人公の魅力は、単なる守銭奴ではなく、アートへの奉仕者として清濁併せ呑む点にあるほか、美術・芸術・骨董の多方面に渡る薀蓄的描写も、読者の好奇心をそそる。助手サラ・ハリファとのほのかな恋の行方も気になるところであるほか、脇役・レギュラーキャラクターも多い。

印象的なお話は沢山ありますが、ここでは「あいはぎ」のお話「愛国者のトリック」を。某右翼の大物が雪舟水墨画(国宝級)を入手しますが、持ち主のフランス政府から返還の要請を受けます。そこはそれ、右翼の大物、素直に返還するつもりはありません。藤田にその意図の実行を依頼するのです。


そのとき、藤田が取った手法が「あいはぎ」。水墨画の紙をペロンと2枚に分離してしまう手です。確かに、和紙は繊維が数段にわたって積み重なっているので、その境で分離することは可能ですが、なんと、この水墨画、すでに一回「あいはぎ」をやられていて、さあ、どうなるか?

・・・といったお話です。ビッグコミック第2巻からのエピソードです。


こんな素敵なお話がコミックで32巻・・・私は、全部は読んでいません。でも素晴らしい作品集であろうことは想像できます。細野氏の情報もWikipediaより

細野 不二彦(ほその ふじひこ、1959年(昭和34年)12月2日- )は、日本の漫画家。東京都大田区出身。慶應義塾高等学校慶應義塾大学経済学部卒業


大学時代からスタジオぬえで活動。大学在学中の1979年、『マンガ少年』(朝日ソノラマ刊)掲載の「クラッシャージョウ」(高千穂遙の書き下ろしが原作)でデビュー。単発だったが好評のため継続した。


1980年に『恋のプリズナー』で『週刊少年サンデー』に初掲載。以降1980年代は同誌系誌を中心にコメディーを発表。この時期連載された『さすがの猿飛』、『どっきりドクター』、『Gu-Guガンモ』のうち、『〜猿飛』と『〜ガンモ』は当時フジテレビ系列でテレビアニメ化された。『どっきりドクター』も連載終了後かなり経った1998年にテレビアニメ化された。


1990年代以降は青年漫画に執筆の場を移し、『あどりぶシネ倶楽部』、『太郎』、『ギャラリーフェイク』などを発表。1991年には『ジャッジ』がOVA化、2005年には『ギャラリーフェイク』がテレビ東京系にてTVアニメ化されている。


また、1991年にはゲームソフト『ラグランジュポイント』(コナミ)、1997年には『グランドレッド』(バンプレスト)のキャラクターデザインも手がけた。
第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞(『ギャラリーフェイク』『太郎』)。

今日のひと言:鑑識眼のないひとにとっては、贋作も本物であろうと私は考えています。言ってみれば鑑賞の壁のようなものがあり、それを超えて見る眼がなければ、贋作も本物と事実上同じかと思うのです。絵画の鑑賞は、かなりハードな精神活動なのですね。中国の大芬村(だいふんむら)で量産される贋絵画、嬉嬉として買ってゆく欧米の観光客なども、このレベルですね。でも、「ゴッホの技巧は真似できても、ゴッホの精神は真似できない。」

参考過去ログ
http://d.hatena.ne.jp/iirei/20071203
:中国・大芬村(だいふんむら)は、偽造絵画のメッカである


追加:本日のニュースで、複数枚あるムンクの「叫び」の一枚がオークションに懸けられ、日本円で96億円で落札されたとのこと。パステル画であるこの絵、仕上がりは有名なバージョンより雑で、よく96億もついたな、と思います。
 

ギャラリーフェイク 全23巻セット (小学館文庫)

ギャラリーフェイク 全23巻セット (小学館文庫)

ギャラリーフェイク: 傷ついた「ひまわり」 (1) (ビッグコミックス)

ギャラリーフェイク: 傷ついた「ひまわり」 (1) (ビッグコミックス)

にせもの美術史―メトロポリタン美術館長と贋作者たちの頭脳戦 (朝日文庫)

にせもの美術史―メトロポリタン美術館長と贋作者たちの頭脳戦 (朝日文庫)

迷宮の美術史 名画贋作 (青春新書INTELLIGENCE)

迷宮の美術史 名画贋作 (青春新書INTELLIGENCE)


今日の詩

スクラップ アンド ビルト(scrap and built)


この家、
築8年目だったという。
日本人は物を大切にする
民族だと言われるが
それは怪しい。


イギリスでは
一旦建てた家は
まず、自分では壊さないという。


造っては壊し、
壊しては造る。


scrap and built、スクラップ アンド ビルト、
ああ、もったいない。

    (2012.05.02)